2012/04/10 「ネパール入国」

空港を出、タクシーの客引きをかいくぐり
ローカルバスに飛び乗り、カトマンドゥ、タメル地区を目指す。


激渋滞。


1時間ほどでタメル近く、着。

目的の宿目指す。
くりくりの記憶を頼りに、ひたすら歩く。
ごみごみした雑踏の中を進む。

ドヤドヤしているけれども、なんだか落ち着く町。

チェリーゲストハウスにイン(ツイン1泊425ルピー)

a0259756_2595757.jpg


現地通貨獲得の為、町に出る。

も、どのATMも使用できず。

いや、正確には使用できても、400~500ルピーの手数料発生。
これを出来るだけ払いたくない。
という、貧民丸出しな理由。

だけれども、宿代一泊分と比べてみると、ね、うん。

数年前はこんな事無かったと、くりくり虚脱。

1回の引き出しごとに400~500ルピー。
しかも、ATMによって引き出せる限度額が違う。
10000の所もあれば、25000の所もある。

我々は当面の資金として30000ルピーを所望。
単純に3回使用で手数料だけで1200ルピーは飛ぶ。

我々にとって、1200ルピーはでかい。

片っぱしからATMを試す。

と、3人のおっさんがたむろするATM、nabilバンク。
聞けば、現在修理中で30分後には使える、との事。
このおっさん達に、ATM事情をいろいろと教えてもらう。

なんでも、数年前にルールが変わり、全て手数料がかかるとの事。
現地人でも、少額ながらかかっているらしい。
ちなみに、nabilバンクは引き出し限度額35000ルピー。

無事、現地通貨を入手、おっさん達に感謝。
おっさん、ダンニャバード!(←ヒンドゥ語のありがとう。)

で、やっと昼、というより夕飯を食す。

ネパールの定食 ダルバート(130ルピー)

a0259756_310623.jpg


食していると、主食もおかずも無くなる頃
店の人が回ってきて、おかわりさせてくれる。

うまし。

食後、夕暮れの町をちょらつく。

夜、宿に戻り、落ちるように就寝。

↓ゲストハウス屋上の風景。植物が沢山あるのは気持ちいい。
a0259756_31421.jpg


a0259756_3135694.jpg


↓今回、滞在していた日本人の方が数年前、屋上壁に描いたシヴァ神。
見事なので宿側がビニールでカバー設置。
 だけれども、まだ完成していなかったらしく、続きが描けないとの事。

a0259756_314464.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-17 17:00 | ネパール | Comments(0)
<< 近況報告 2012/04/10 「バング... >>