2012/05/04 「湖と坂の町 ウダイプル」

5:30起床。

6:10のバス乗車。
アジメール経由、ウダイプルへ。
約7時間。

心なしか、ウダイプルに近づくにつれ
暑さの質が変わってきたような気がする。

きゅうりを爆食するフレンドリーなおっさんに話しかけられる。
きゅうりは体を冷やすという話を聞いたことがある。
だから暑い国ではきゅうりが売れるのか。

2:00過ぎ、ウダイプル着。
暑さの為か、7時間バスに乗っていただけで
体から気力が吸い取られるような感覚。

オートリキシャでジャグディーシュ寺院近くへ移動。

宿探し。

「Bhanwar Vilas」にイン。(一泊300R)

a0259756_4272999.jpg


a0259756_4274830.jpg


荷物置き、町散策。

坂の町。

a0259756_4284789.jpg


a0259756_430661.jpg


こじんまりとしていて、良い感じ。
歩いてみるのにちょうど良い広さ。
ジャイプールはかなり疲れる街で
プシュカルも少し疲れたので落ち着く。

a0259756_4305133.jpg


客引きや店員、オートリキシャもしつこくない。
ゆっくり物や町並みを観ながら歩ける。

宿近くのジャグディーシュ寺院へ。

a0259756_4322713.jpg


a0259756_4334030.jpg


a0259756_4353077.jpg


入口のところでサンダルを脱ぐように言われる。
サンダルをバッグにしまおうとすると

「その棚に置け」

と言われる。
寺院内に汚れたものを持ち込むな。
と言うことかもしれないけれども
入口に居る、逝った目をしたおやじが怪しく

「ノーマネー?」

と聞くと、うなずくともなくごまかす感じ。
このパターンか。

寺院内には

「ドネーションはドネーションボックスへ」

という看板。
なんでこんなものが?
と思えば、祭壇前にドネーションボックスがあり
その横で別口で

「ここにドネーションを置いてねー」

とやっているおばちゃん。
日本で例えるなら神社のお賽銭箱の横に陣取り

「お賽銭はこっちですよぅ!」

とやっているようなものか?

とりあえず、看板通りにボックスの中に入れ
寺院を出ようとすると。

「ハロー!トゥーマニ―!!」

先のおやじ。
靴の保管代を請求。

ガン無視。

それでも、結局何も言われず。

素晴らしい信仰の場所が
それを金儲けに利用しようとする輩のせいで台無し。

インド政府、こういう所を
ちゃんとした方が良いのでは?

寺院の建物はとても素晴らしかった。
それだけに残念。

ビチョ―ラ―湖へ足を運ぶ。

a0259756_4372369.jpg


a0259756_437296.jpg


湖畔にて、牛が寝転がって入口を塞ぎ建物内に入れず困惑する

自転車のおっさんに遭遇。

お互いに苦笑しながらも
おっさん、自転車をかついで牛を避けていく。
大事にされてるね、牛。

a0259756_4395759.jpg


a0259756_4404022.jpg


その後も町をちょらちょら。
偶然、結婚式に出くわす。

a0259756_4425126.jpg


ドリームヘブンなる店舗で晩飯。
ここでやっと、ビンディマサラ(オクラのカレー)に出会う。
カレーでオクラを炒めた感じ。

a0259756_443102.jpg


うまし。

帰りしな、宿近くのミュージアムで
ラ―ジャスタン地方のダンスを観る。

生楽器の演奏に合わせ、
ラ―ジャスタンの民族衣装を着た少女達が
体中に付けた鈴を鳴らしながら、くりくりくるくると踊る。
頭の上に火のついた壺を載せたりしながら。

ぐるり、昔読んだ「魁!男塾」という漫画。
これの富樫というキャラクタ―を不意に思い出す。
確か、頭の上に油の満載した桶を載せ
そこにろうそくを浮かべ、少しでもバランスを崩せば
火達磨に。みたいな事していたよなぁ。はは。
なんて思いながら、人の記憶は
なんてどうでもよいところに繋がるのだろうと思う。

続いて。

ぐぐっと年齢が上がり。
少女の次はおばちゃん達が
同様にくりくりくるくる回りつつ
頭の上に何個もの壺を載せ
そのまま踊りながら

金属製の皿の上に乗り、その皿でリズムをとる
床に置いた花にかかった布を口でとる
砕いたガラスの上に乗る

等のダンスっていうか、曲芸。

を観、終了。

宿に戻り、くりくり、気絶するように爆睡。
ぐるり、書見を始めるも10分程で気絶。
[PR]
by kurikurigururi | 2012-08-09 22:08 | インド | Comments(4)
Commented by ワタナペヨンジュン at 2012-08-19 17:46 x
油風呂ですね!
Commented by kurikurigururi at 2012-08-27 09:37
そうですw!解ってくれる人が居てよかったwで、今検索して確認したら、いろいろやり方を間違えて覚えてる事に気付きました。頭の上に乗せてる記憶があったんだけど…
Commented by 杜百子 at 2012-09-02 17:34 x
冨樫w

素敵な写真いっぱいなのに、心に描いたインドの画が完全に男塾になっちゃったw
Commented by kurikurigururi at 2012-09-03 09:10
なんとなく、ンド=男塾。で、だいたいあってるような気もするから、それでいいと思うw
<< 2012/05/05 「マハラ... 2112/05/03 「ちょこ... >>