2012/05/26 「新しい友達、各種」

朝一で洗濯。
日が出ているけれども、かなり寒し。

町へ出、適当な食堂でトゥクパ食し
a0259756_751982.jpg

昨日と同じパン屋でパン購入。
a0259756_7512780.jpg

隣のカフェで茶とともに食す。
完全に食い過ぎ。

昨日のパンゴン・レイク行きの件。
別のツアー会社で値段をリサーチ。
どこもほぼ一緒。

てな訳で、昨日のツアー会社へ向かう。
人数が集まっていれば明日行けるのだけれども。
今の所、3人。

道中、ミシリアン(人見知りする性質の人間)を自認するぐるり。
すれ違った欧米人と目が合ったような合わなかったような気がし
別に言わなくても良かったんじゃないか?
というタイミングで「ハロー」。

すると。

突然、関を切ったように話しかけられ、困惑。

話を聞いていると

「明日、パンゴン湖へ行きたいんだけれども
 今、自分と彼女の2人しか居なくてね。
 一緒に行ける人探してるんだよねー。
 何とかしろって彼女が怒ってるんだよ!
 あ、俺、イタリア人のアレクサンドロ。
 君たちは日本人なんだねー!はは!」

と。

明日までに人を集めないといけないプレッシャーで
若干おかしなテンション。

とりあえず、自分達もあと3人探さないといけないと伝え
一緒にツアー会社へ。

で、行くと。

ツアー会社のスタッフ。

「おお!4人集まったよ!君たち2人でちょうど定員だ!」

…。

更にアレクサンドロ達2人が増える旨を伝える。

こりゃ、我々は辞退しとこうか…
なんて思っていたらば。

「8人乗っても大丈夫!」

車内が狭くなるんじゃないか?
と思ったけれども大丈夫だと言うし、アレクサンドロも喜んでるし
人増えれば料金安くなるし。

ま、いいか。

と、申し込み完了。

用紙に諸々記入していると
先に帰って行ったアレクサンドロ、カムバック。
なにやら、慌てて話しているのを聞きかじっていると

「明日は人数集まったけど
 その次のヌビラ渓谷へのツアーの人数、クリアできてないじゃない!」

なんつって。
再び彼女に怒られ、その定員の状況を確認しに来た模様。

ちょっと、良いキャラ。

そのまま、町に出、路地を片っ端から散策。
偶然に見つけたLala's Cafeなる所で茶。
a0259756_7531298.jpg

a0259756_7533764.jpg

スタッフの女子が話しかけてきてくれ
ここのオーナーは日本人だと言う。
少しすると、初老の現地人男性が同じテーブルに付き
一緒にお茶を飲みながらいろいろ話してくれる。

ここはレーの町並みを保存する為に活動する
現地人、外国人、様々な人が集う場所だそうで。
どうりで欧米人が多いわけだ。

しばらく、話を聞き、店を出、更に散策。
a0259756_7541649.jpg

a0259756_7543154.jpg

a0259756_7545087.jpg

a0259756_755547.jpg

a0259756_7554189.jpg

a0259756_7555475.jpg


夕方、天候が怪しくなってきたので.一度、宿に戻り洗濯物を取り込む。

再び、町へ。

明日の朝飯用パン等購入。
屋台でマトン串、購入時。

近くに居た犬、3匹にお座りで囲まれる。

犬好きのくりくりぐるり。

激しく萌える。

肉を差し上げたくとも.一度あげるときりがなくなる。

心を鬼にし、肉を手にネット屋へ向かう。

3匹、ちょらちょらついてくる。

ネット屋に入る、と。

「新しい友達かい?」

店の主人が犬達を指さす。

「俄然、イエス」

迷わず弛緩した笑顔で答える。

犬、そのまま店の外でお座り。

主人に追っ払われる。

友達だって言ったのに。

Wi-fi1時間、60Rs。

2人分のメールチェック、この先の情報収集でほぼ1時間。

1時間で、すさっと切り上げ、宿に戻り
マギー(10Rsのインスタントラーメン)。
カップで拵え夕飯とす。

停電。

ジミーがすぐにろうそくを持ってきてくれる。


居心地の良い宿で幸せを噛みしめながら就寝。

明日はパンゴン・レイク。

↓本当に居心地の良い宿。レーへ行くならおすすめ。
a0259756_7575088.jpg

a0259756_758413.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-10-10 01:44 | インド | Comments(0)
<< 2012/05/27 「押すな... 2012/05/25 「リキー... >>