2012/08/02 「ルワンダ入国 首都キガリ」


バス搭乗後、あっという間に爆睡。

ふっと目を覚ます。

国境越えた?

と、不安になりつつも、寝てて越えられるわけが無い。

おそらく3:00〜4:00にボーダー着。

越境、ルワンダ入国。

まず、荷物検査。

ルワンダ、環境への配慮からビニール袋等は没収との事。
事前に聞いていたので、必要な物は全てバックパックの底の方にイン。
バスから降り、肌寒い空気の中、順番に並んで検査。

つっても、適当にささっと見られるだけ。

なので、あっさり通過。

再びバス乗車、爆睡。

で、いつの間にかキガリ着。


a0259756_21433940.jpg
a0259756_21445937.jpg

ニャブゴゴバススタンド近くにある、カンパラコーチのオフィス前に着。

ニャブゴゴ内にて、両替。
比較的レート良し。
16700Ush → 4000Rwf

a0259756_22240035.jpg
a0259756_22243068.jpg


宿探し、事前に聞いていた宿にイン。
ニャブゴゴターミナルから徒歩5分もかからない位。

MONT LODGE
a0259756_21453786.jpg

荷物置き、近くの食堂にて朝食。
店のマダムが、まだ開店準備中だったけれど、入れてくれて
「昨日の夜、カンパラを出て今朝ここに着いて、ハラぺそです。
みたいな話をした所。

「そうなの、ゆっくりしていってねー」

なんつって、でかいカップになみなみ注いでくれるネスカフェ、ミルク入り。
久しぶりの珈琲の味。
一緒にナンのようなパンケーキのようなものも頼んで口にする。

a0259756_21504465.jpg

なんだかホッとし、しばし虚脱。
すると、マダムは店の準備が一段落すると
他のスタッフに任せて、いそいそと外出準備。
店を出て行く時に、わざわざ我々のテーブルに来て

「God Bless You!」

なんて言ってくれた。

「マダムさん、マダムさんのお気持ち、身に沁みますっ!」(←西川きよしの口調で)

その後、カンパラコーチのオフィスへ行き
次のケニア、ナイロビへのチケット手配。
翌日のキガリ発→カンパラ経由→ナイロビ。
ダイレクトのバスチケット購入。(25000Rwf)

宿で一息。
宿のベランダ的な所から町並みを眺める。
a0259756_22211240.jpg
a0259756_22212437.jpg

で、ルワンダへ来た一番の理由。
ジェノサイドミュージアムへ。(バイタク1人500Rwf)
↓わらわらと集っているバイタクの皆様。
a0259756_21520746.jpg
a0259756_22182982.jpg
a0259756_22184448.jpg
a0259756_22185538.jpg




※ここ訪れて感じた事はまた改めて書こうと思います。

ミュージアムから少し歩き、坂を下った辺りでバイタクゲット。
ニャブゴゴへ(1人400Rwf)

ニャブゴゴ付近のレストランで昼飯。
バイキング形式。(1プレート1200Rwf)
a0259756_21544415.jpg

うまし。

食後、映画「ホテル ルワンダ」の舞台になったミル・コリンズホテルへ。(バイタク1人400Rwf)
a0259756_21551935.jpg
建物は普通。

a0259756_21591255.jpg
4つ星らしい。

一階のカフェで茶を喫せんとイン。

a0259756_22002788.jpg
がしかし、メニュー予想以上に激高。
持ち合わせの金子が心もとなく、大変恐縮しつつ2人でエスプレッソ一杯。
a0259756_22052405.jpg
そういえば、昔あったね、「一杯のかけそば」。
欧米人の方々がプールではしゃぎ、カフェで和やかに余裕綽々で談笑する中。
a0259756_22030929.jpg
a0259756_22032024.jpg
a0259756_22033807.jpg

東洋人二名、口をすぼめ、ひょっとこの様に茶を啜る。
なんだか、すみません。
そそくさとホテルを出た後、キガリのセントラル付近まで歩く。
a0259756_22172838.jpg
a0259756_22174082.jpg
スーパー等見つつ、バイタクでニャブゴゴへ戻る。
ジェノサイドミュージアムを見た後だと、なんだか町並みが違って見えてくる。
途中、片腕の無い少年に「金くれ!金くれ!」なんてからまれたりしつつ
宿に戻り、シャワー等浴び、たくともシャワー出ず。
ポリタンクの水を浴びる。

数十分虚脱。

の、後。

町へ出、すぐ近くのネット屋へ。(10分100Rwf)

夕飯も昼と同じ食堂へ行く。

んが、しかし。

20:00前にすでにサラダ類、フィニッシュ。
激烈に野菜を欲していたくりくり、顔面を絶望色に染める。

すると。

店員の兄ちゃん

「後でサラダ持って来てあげるYoー!」

なんて、優しい。

じゃあ、ってんで昼と同じようにバイキング形式で皿に盛る。
a0259756_22135256.jpg

食し始める頃、兄ちゃんがサラダを持ってきてくれる。

っていうか。

極めて細かく千切りされた山盛りの玉ねぎ。

...サラダ。

うん、ジャンルはサラダだよね!

割と玉ねぎ生で行く習慣あるしね!アフリカ!

なんて思い、

シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ

辛みに悶絶しつつ、シャキシャキ頂く。
お礼を言って店を出る。

タマネギ吐息を吐く、タマネギ•パッカーと化しつつ
宿に戻り、蚊と格闘。

ルワンダ、人が良い。
ブルンジも良かったけれどもね。
なんとなく、人々が紳士的であり、親切。

1日しか居なかったけど、過ごしやすかった。
ジェノサイドのイメージで至極危険なイメージがあったけれども
見事に覆る。

↓宿にいた美人なおねいさん。
a0259756_22202372.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ MONT LODGE(ツイン7000RWF)
  ヤブゴゴの近く。
  ラウンドになっている交差点(周りに銀行とかある)に出て
  道渡って右へ歩いた左側の黄色い建物。

  水シャワー、トイレ共同。
  充電はできるけどネット環境無し。蚊対策は忘れずに。
  ヤブゴゴからすぐなので便利。
  この近くにも宿らしきものがあったので、あたってみるのも良いかも。
a0259756_21461211.jpg
a0259756_22195084.jpg
※カンパラコーチ
キガリ → カンパラ → ナイロビ
ダイレクトバス 1人25000Rwf
スタッフ、気さくで親切な感じ。
翌朝、乗車前に簡単な朝食の支給があった。

• バイタク
 ニャブゴゴ近辺 → ジェノサイドミュージアム 1人500Rwf
   ニャブゴゴ近辺 → ミル・コリンズホテル   1人400Rwf




[PR]
by kurikurigururi | 2014-03-31 23:24 | ルワンダ | Comments(0)
<< 2012/08/03 「ルワン... 2012/08/01 「NE... >>