2012/08/10 「 マダガスカル入国 首都アンタナナリボ 」

a0259756_22070533.jpg
くりくり、屁をこいてしまうんじゃないかと思う程、緊張、硬直。
ぐるり、それで酸素マスクが下りてくるのではと緊張。

飛行開始直後、機内食を供され、うまうまとこれを食す。
a0259756_22051596.jpg
a0259756_22053435.jpg
a0259756_22054843.jpg

隣の兄さんは泣いてはいないものの
相変わらず、沈んだ様子。
機内食にも手をつけず、パッケージのまま足元に置く。
落ち着いて来た所で我々に「メルシー」(ありがとう)と言ってくれる。
そう、マダガスカルは再びフランス語圏。

2時間ほどで中継地点のコモロに着。
ここまでの乗客を降ろした後、再びマダガスカルへ向かう。

着陸後、隣の兄さん。
我々の名前と電話番号を聞いてくる。
名前を答え、携帯は持っていない事と
日本から来ていると伝える。

彼はもう一度「メルシー」と言い。

「ここは自分の国なんだYO」

と言いつつ

自分の分の機内食を笑顔でこちらに差し出す。

「え?」

それを受け取ると、兄さんは

「グッドラック!」

と言って、飛行機を降りて行った。

コモロ人の彼の涙の理由は何だったのか。
今でも気になるけれど、もう解らない。
残されたのは、腹ぽんぽんなのに渡された機内食。

再び離陸。

くりくり、白目アゲイン。

1時間半ほどでマダガスカル着。

2人とも初上陸。

空港からタクシーで首都アンタナナリボ市内へ向かう。
英語の話せるウィリーと名乗るおっちゃんに声をかけられ
35000アリアリで行ってもらう。
そう、マダガスカルの通貨単位はアリアリ。
a0259756_22321398.jpg
少しく、いとをかし。
1アリアリ、約¥40也。

車内でいろいろ話を聞きつつ
窓の外を流れる景色を眺める。

くりくりぐるり、どストライク。
↓アンタナナリボへ向かう車内から流し撮り。
a0259756_22380604.jpg
a0259756_22382062.jpg
a0259756_22383384.jpg
a0259756_22385149.jpg
a0259756_22390560.jpg
a0259756_22392247.jpg
a0259756_22393860.jpg
a0259756_22401058.jpg
a0259756_22402443.jpg
a0259756_22404130.jpg
a0259756_22405709.jpg
a0259756_22413107.jpg
家の感じ、町の雰囲気、坂のある町並み。
心が躍る。

目的のムーンライトなる宿の真ん前で降ろしてもらう。
ウィリーさん、良い人だった。

して、ムーンライト。
a0259756_22441341.jpg
人気のある宿らしく、満室の時が多いとの事。
だったけれども、シングル1室有り。

即決。

シングルに2人泊まるのを嫌がる所が多いけれども
ここはあっさりOKしてくれた。
ま、部屋を空けておくよりは良いと言う事だろう。

JJで1人用テントに2人で寝る。
というテント泊が続いていたので
今日は久しぶりの体を伸ばして寝られる。
と思っていたけれども、寝る分にはさほど変わらず。

a0259756_22444280.jpg
a0259756_22450055.jpg

荷物置き、夕食に町へ出る。
つっても、そろそろ暗くなり始めている。
ここはささっと食し、ささっと宿に戻らんければ。
という、場面で。

くりくり、取り憑かれたように

「セブ牛のステーキ... セブ牛のステーキ...」

とうわ言のように繰り返し、往来の人々に聞いて回り
やっとこ1軒のレストランにイン。

穏やかなマダムの店で念願のセブ牛。(一食3500Ar)
a0259756_22514013.jpg


うまし。

んでも、これセブ牛?
よく解らない、けども満足。

そして、店舗の猫に萌え。
↓そんな切ない目をするんでないよぅ。
a0259756_22545148.jpg


マダムにごちそうさまを言って店を出る。
人に聞き、人に聞き、しながら探していたので
割と暗い道を通って帰る事に。
19:00過ぎで街灯が無く、真っ暗になってきた道を戻る。

も、少しく足りず。
屋台で麺などを誂える。
写真がアレでアレだけれども、サラスパ風な感じ。(1000Ar)
OLさんがお昼にコンビニエンス等で買い求め
オフィース近くの公園かなんかで談笑しながら食すようなアレ。
a0259756_22492128.jpg
a0259756_22593136.jpg

うまし。

宿に戻り、シャワー浴びる。

熱湯が出る幸福を噛み締め、シングル用ベッドに潜り込み
気をつけの姿勢で爆睡。



a0259756_23044971.jpg
a0259756_23052505.jpg
a0259756_23054722.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※タクシー 空港 → アンタナナリボ、ムーンライトまで。
 35000Ar 空港出ると声かけられる。

※MOON LIGHT
 シングル 23000Ar
 シャワー室内に有り、トイレ共同。
 たぶん部屋によって違う。
 ネット環境無し。

 歩き方に載っているhotel Lambertの横の階段を登った
 Rue Rainandriamampandryという通り沿い。
 階段を登ったら左に下ると左手にある。
 一応英語の通じるスタッフがいる。
 設備はぼろい所もあるけれど、比較的きれいな宿。
 宿出て右に行った階段の辺り
 屋台が沢山出るので食事はそこで用が済む。
 
 今回、いろいろあって部屋を代わったんだけれども
 スタッフルームみたいなのが階段の所にあり
 夜中までゲームやってて結構うるさかった。
 
※アンタナナリボの治安
 
 昼間は特別危険、という感じはしなかった。
 夜は人通りの多い所を選んで歩いていたんだけれども
 夜、街灯の無い暗い路地が多いので要注意。
 路地は本当に暗い。
 駅周辺では、数人の子供達についてこられたので、盗難注意。
 この後、他の国で会ったバックパッカーの話を聞いて
 実は結構治安悪かったと知る。
 
 とりあえず、基本的な事を気をつけていれば大丈夫だとは思いますが
 最近、治安が悪くなっているという話を聞いたので、油断せずに。

 
 

[PR]
by kurikurigururi | 2014-04-27 23:54 | マダガスカル | Comments(0)
<< 2012/08/11 「 猿、... 2012/08/10「ケニア出... >>