2012/08/18 「到着、坂の町アンプシチャ、加速するポンコツ度。」

8:00頃宿を出る。
↓昨日暗くてよく見えなかった宿の庭。
a0259756_21411416.jpg
a0259756_21412974.jpg

ちょらちょら大聖堂の辺りへ行ってみる。


↓これも昨日は暗くて見えなかったアルシェの外観。
a0259756_21431089.jpg

んで、大聖堂。

a0259756_21443360.jpg



道沿いのパン屋でパン購入。

↓結構ちゃんとパンだった。
a0259756_21450088.jpg

大聖堂近くのタクシーブルース乗り場から
アンブシチャ行きが出ると思っていたらば、反対方向。
昨晩着いたのと同じ場所だと判明。

プスプスで移動(大聖堂辺りから2000Ar)
かなり寒し。

               ↓独立広場の辺り。
a0259756_21470832.jpg

すぐにアンブシチャ行きタクシーブルース発見。
乗車。(1人10000Ar) 

9:30頃発車、12:00頃、アンブシチャ着。
ホテル・マニアの前で降ろしてもらう。
乗り合わせた人々がいろいろ世話を焼いてくれた、メルシーボク。

で、ホテル・マニアで値段を聞く。
も、予算オーバー。
歩き方に載っていたグランドホテルなる宿を目指す。
少しく勾配のある坂道をえっちらおっちらと登り、10分程歩いて到着。

a0259756_21585164.jpg
a0259756_21533999.jpg
趣のあるいい感じ。
「グランドホテル」なんて聞けばすんごく豪華な感じだけれども。
老舗だけあって相当にボロい。
けれども、「味」と言ってよい古び方。
建物の構造も気に入る。

で、ここに決める。(1部屋18000Ar)

a0259756_21544094.jpg
↓カーテンレールの木彫品
a0259756_21550442.jpg
a0259756_21552067.jpg
a0259756_21553322.jpg
↓宿、猫多め。
a0259756_21555508.jpg
a0259756_21582987.jpg

荷物を置き、町歩き。


↓宿出て右手にある軽食&立ち飲みこーしー店。(ネスカフェ)毎日お世話になった。
一杯200Ar、マドレーヌ1個100Ar、揚げバナナAr100
a0259756_22090920.jpg
a0259756_22091823.jpg
↓揚げバナナ
a0259756_22092232.jpg
a0259756_22014027.jpg
a0259756_22015259.jpg
a0259756_22015723.jpg
a0259756_22021612.jpg
a0259756_22022055.jpg
a0259756_22022648.jpg
a0259756_22023197.jpg
a0259756_22023676.jpg
a0259756_22025551.jpg
a0259756_22030149.jpg
a0259756_22034731.jpg
a0259756_22040341.jpg
a0259756_22042097.jpg
a0259756_22035447.jpg
a0259756_22041585.jpg
a0259756_22031989.jpg
a0259756_22030640.jpg

ベネディクティ—ヌ教会を目指す。

a0259756_22142693.jpg

目的はチーズ。
シスター達が拵えているというチーズ。
チーズに目が無いくりくり、俄然張り切る。

も、売り切れ。
しょうがない。
教会の中を見させてもらう。

a0259756_22121026.jpg
a0259756_22125095.jpg
a0259756_22125712.jpg
a0259756_22131261.jpg
a0259756_22130366.jpg
a0259756_22132143.jpg
a0259756_22131518.jpg
a0259756_22133275.jpg

と言う事で町歩きに戻る。
したらば。

長野ジャージの人発見。
興奮気味にふんすかふんすかしつつ

「我ら、そこから来たんだけど、どうしたんのそれ??」

と、俄然食いつくもあまり伝わらなかった模様。

a0259756_22014734.jpg
a0259756_22173628.jpg
a0259756_22180753.jpg
↓プレステ屋。お金払えばプレステで遊べるシステムと思われる。
a0259756_22181889.jpg
悟空、結構うましw
a0259756_22182588.jpg
a0259756_22180753.jpg
a0259756_22184102.jpg
a0259756_22174810.jpg
a0259756_22270975.jpg


適当な食堂でつまみ食い。


a0259756_22280736.jpg
↓すでに並んでいるものから選ぶ式。当然、アタるかもしれないという不安。
a0259756_22290502.jpg
マカロニとスパゲッチとキャベツとニンジン。
a0259756_22291339.jpg

a0259756_22284000.jpg
a0259756_22284813.jpg
a0259756_22283109.jpg
a0259756_22284423.jpg
一心地ついて、店を出る。
坂の町。

a0259756_22225045.jpg

のどかな町並み。
なぜだか「トスカーナ地方」という言葉がよぎる。
トスカーナの風景も知らないのに。
イメージの中のトスカーナにぴったりと合う風景。

人も優しい。

とにかく歩く。

町歩きしながら、明日のザフィマニリ村へ行く算段。

マーケットを眺めながらちょらちょら歩く。
a0259756_22362112.jpg
a0259756_22343315.jpg
a0259756_22351559.jpg
a0259756_22351071.jpg
a0259756_22352165.jpg
a0259756_22344274.jpg
a0259756_22353267.jpg

a0259756_22353917.jpg
a0259756_22354358.jpg
a0259756_22354752.jpg
a0259756_22362822.jpg
a0259756_22365225.jpg
a0259756_22370828.jpg
a0259756_22363841.jpg
a0259756_22361319.jpg
a0259756_22353500.jpg

夕方、適当な食堂で晩飯。(1人2500Ar)

a0259756_22395081.jpg

宿に戻りシャワー。
と思うも、水以上お湯未満程度の液体。

明日に備え、早めに寝ようとするも
ぐるり、少し良くはなったものの未だに腰いまいち&風邪気味。
くりくり、たまに顔を出す左足プロブレムが再び勃発&昼食にした何かでアタリを引く。

ここにきて2人とも若干ポンコツ具合に加速度がかかる。

大丈夫か?

知るか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※アンツィラベ → アンプシチャ
 約2時間半。
(1人10000Ar *ただし、隣に乗っていた地元の人に聞いた所7000Ar。
         この後、アンブシチャでアンチラべ行きの価格を聞いたら7000
         若干ぼられてこの価格。たぶん7000で行けます。)

※GRAND HOTEL
 ダブル 18000Ar
 ネット環境無し。充電は可。
 部屋に洗面台有った。シャワー、トイレは共同。
 シャワーは熱々のお湯って訳ではないので、寒し。
 建物は古いけれども、味がある。
 1階はレストラン。アンプシチャで一番だというだけあって、おいしい。
 節約パッカーにはちょい割高。

↓この表示に沿っていくとトイレ。滞在中見る度にじわじわきたw
a0259756_21583544.jpg
a0259756_21583935.jpg
※ザフィマニリ村へ

 *宿近くのツアー会社で聞いてみたものの結局、宿のオーナーに手配を頼む。
  2人で110000Ar+サンドイッチ&水代2人で12000Ar
  村までの往復タクシーとガイドの料金込み。
  宿まで迎えに来てくれる。 

↓宿にいた眼光の鋭すぎるぬこさま。
a0259756_22533576.jpg





[PR]
by kurikurigururi | 2014-05-29 23:05 | マダガスカル | Comments(0)
<< 2012/08/19 「探訪未... 2012/08/17 「イナゴ... >>