2012/09/14 「我ら、ワイルドにゴー。」

宿の朝食。
ビュッフェ形式。
いつも思う。
「ビュッフェ」なのか「ブッフェ」なのか。
a0259756_07354360.jpg
宿の外観。
大きな窓の2つある場所が朝食を食べる食堂。
a0259756_07354696.jpg
a0259756_07354823.jpg

朝食後。
町に出る。
今日はカッパドキアを周る予定。

a0259756_07355583.jpg
a0259756_07355332.jpg
a0259756_07444847.jpg
a0259756_07402195.jpg
a0259756_07401743.jpg

で、昨日の晩にくりくりが出会ったイタリア人に会う。
なんでも、シチリア出身で車で犬と一緒にここまで来ていて
これから帰るんだけれども
つきましては誰か一緒に僕と行かないかな。
できれば

「日本人の女の子がいい」

だから、誰かいたら紹介してちょうまげ。

という、実に下心溢れるご相談。

「宿に誰かいたら聞いてみるねーチャオ!」

つって別れる。

や、至極良い人そうだったし
いいんだけど、なんていうか旅先で
「なんとか女子といい感じになりたい空気」
が、戦闘濃度で充満していて
ついでに車の中が犬っ臭くて
これは犬好きな我々でもちょっとキツい位
犬っ臭くて
これで女子乗せていい感じになるには
ムツゴロウさんレベルの女子じゃないと無理かな
って思って、でもすごく犬大切にしていて
そんな所から良い人そうと思ったんだけども。


そんなこんなで、彼と分かれた数時間後。


我々は












はーんははーんっ♪はんはんは♪ふんふん♪
はーんははーんっ♪はんはんは♪ふんふん♪

ははふはふんふん♪
ははふはふんふん♪

ふふふん♪ふふふふ♪ふふふふん♪
ふふふん♪ふふふふ♪ふふふふん♪

ぼーんとぅび♪わーあああーあい♪

(ぼーんとぅび♪わーあああーあい♪)
















つって。

ステッペン・ウルフのBorn to be wildを鼻ずさんで
カッパドキア周辺をぶっとばしていた。
そう、バギーに乗って。

「んぁぁそうさ!
俺たちはワイルドにぶっ飛ばすのさ!
このマシーンで!」
(↑ビバヒル、ディランの口調で)

a0259756_08002742.jpg
a0259756_08003756.jpg



そもそも、当初。

スクーターをレンタルし、二ケツ。
それで周る予定だったのだけれども、よくよく考えたら36年生きてきて
2人ともスクーター今回が初乗り。
そんな事実に半ば愕然としつつ

「たぶん、乗れます。なので貸してください。
 アムロだっていきなりガンダム動かせましたし、おすし。」

と、申し上げた所、レンタル屋の兄さん、及び店主。

「や、危ないからよして。」

と猛反対。

結果、四輪のバギーでぐりぐりとカッパドキアを周る事に。

周辺マップをもらい、GO。

「リアル・ナメック星な景色」

と聞いていたけれども、まさに。

a0259756_08040148.jpg
a0259756_08035619.jpg


なんだここ。

奇妙な形の岩がそこここに点在していて
ほんとにフリーザ様ご一行が出てくるんじゃないかと不安になる。

11:00頃、ギョレメを出てマップを見つつ、くりっと回る。

16:00前、ギョレメ着。

バギー返し、宿へ。

夕方、昨日の食堂へ。

a0259756_07364294.jpg
a0259756_07364494.jpg
a0259756_07364701.jpg

今日は量少なし。

雑貨など見つつ、宿に戻る。

a0259756_07365499.jpg
a0259756_07365498.jpg
a0259756_07365448.jpg
a0259756_07403345.jpg
ライトアップされてるとさらに異次元な感じ。
a0259756_07365496.jpg
↓ギョレメから各地へ出るバスの看板。
a0259756_06560981.jpg
a0259756_06561035.jpg
a0259756_06561077.jpg


a0259756_06561021.jpg



[PR]
by kurikurigururi | 2015-01-16 08:33 | トルコ | Comments(0)
<< カッパドキア雑景 2012/09/13 「カッパ... >>