2012/09/21 「小雨降る最終日、トルコ出国」

トルコ最終日、雨。

午前中にパッキングを済ませ、宿に荷物を預け、チェックアウト。

共同スぺ—スにて昼過ぎまで過ごす。
昨日のフランス人のおばあちゃんと話す。
なんていうか、目が輝いている。
自分の生き方に自信があるんだろうな、と思う。

近くの食堂にて、昼飯。
a0259756_22521740.jpg
a0259756_22521730.jpg
a0259756_22521777.jpg
うまし。
トルコの料理は本当に美味しい。



食後にアップルティごちそうしてくれた。
ここのウェイター曰く、日本人は8割カッパドキアへ行く。
比して、欧州の人はほとんど行かない。

との事。

「本当?」

と、近くに居合わせたドイツ人夫婦に聞いてみる。

「行かないねぇ」

と、返ってくる。

そうなのか。

食後、どこかでこってりと今後のルートを練りたくて、手ごろな茶屋を探す。
晴れていれば、その辺の公園で犬でも眺めながらで良いのだけれども
未だ小雨しとしと。
ので、宿の情報ノートに書いてあった、長居できるカフェにイン。

ビルの5階だか6階。
a0259756_22521728.jpg

a0259756_22522834.jpg
ひーこらひーこら階段を上り、着いたそこは。
大変見晴らしのよろしい、喫茶スぺース。

オレンジティ、チョコプリンを注文。
クッソ甘いのに更に角砂糖2個付き。
という、糖分で殴りかかってくるような一品。
a0259756_22522820.jpg
チョコプリン。
どう見ても鍋焼きうどんのアレ。
これも甘かった。
a0259756_22522951.jpg

約3時間ねばる。
途中、茶一杯追加オーダー。
良くない客で申し訳ない。
けれども、ほんとに嫌な顔一つされず、完全放置プレイ後、店を出、宿へ。
荷物ピックアップし、トラムでブルガリア行きのバスが出るオトガルへ向かう。

来た時と同じように、一度乗り換え、30分程の電車移動。

バス会社を何社か見て周り
METRO EURO社、20:30発ソフィア行きバスチケット購入。

時間までに付近の食堂で晩飯。
なんて思って、入ったラカンタ(食堂)にて
給仕のおっちゃん

「お待たせ!さぁ!食べな!」

ってな感じでご機嫌に皿をテーブルに置こうとした所。

つるりと手元が滑り

くりくりに料理の飛沫を飛散させる。

斑点の如く、着衣に油。

昨日購入したTシャツ着用のくりくり
信じていた人が実は、じぶんの親の敵だった事を知らされた人。
みたいな表情で虚脱。

先ほどのハイテンションの高みから一気に突き落とされた表情で
大変申し訳なさそうに、ウェットティシュとレモンを持参するおっちゃん。

くりくり、その場で応急処置。

してから、やっと食事。

a0259756_22524069.jpg
a0259756_22524039.jpg
↓浴びたのはこれの油分スプラッシュ。
a0259756_22524042.jpg


うまし…と書きたい所、普通。
でも、うましよ。

最後の最後までおっちゃん、申し訳なさそうにしていた。
もう、ええんやで。

バス、定刻通りに発車、直後、いつものように
飲み物やら菓子やらの配給。

a0259756_22524011.jpg


しかる後、爆睡。

気がつくと、ボーダー到着。

かなり寒し。

寝ぼけ眼で出国手続き。

続いて、ブルガリア側入国手続き…

と、思いきや、バス、何やらショッピングセンターの様な所で停車。

「こんな施設の中にイミグレ???」

と思っていたら。

ただのショッピングセンター。
免税店のご様子。
ここでトルコリラ使い切りたい人はどうぞー、というはからいか。

そんなこんなで、トルコ出国。
この旅のここまでの中で一番嫌な思いをしない国だった。
(とはいっても、いろいろと気をつけない事もあるので油断せずに。
 ものすごい注意していても何故か絨毯買わされたりした人もいるみたい)

いつかまた、短期で来れたらよいな、と思いつつ

くりくりぐるり、トルコ出国。

ブルガリアへ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※トルコ → ブルガリア、ソフィア
 METRO EURO社 1人 55TL




[PR]
by kurikurigururi | 2015-01-27 07:01 | トルコ | Comments(0)
<< イスタンブール雑景 2012/09/20 「おばあ... >>