2012/10/11 「出立、クルージ•ナポカ → 到着、シゲット•マルマツィエ」

早々に宿を出る。
DEDEMANなるショッピングセンターを横目に駅へ向かう。
a0259756_21562978.jpg
看板かわいい。
a0259756_21563272.jpg
なんだか小バカにされているようなゴミ箱。
a0259756_12455129.jpg
駅到着。
a0259756_21583844.jpg
駅で次の目的地、シゲット・マルマツィエ行きチケット購入。
時間まで駅前をちょらちょらしてみる。

新札かなにかの紹介なのか、偽札防止の為のものなのか。
a0259756_21575469.jpg
a0259756_21581441.jpg

a0259756_21582233.jpg
a0259756_22003339.jpg
a0259756_22084636.jpg


目を惹かれたケーキ屋に入ってみる。
この地の男性は結構甘いもの好きらしく、結構男性客の姿も見える。

トウシバのリュックw
a0259756_21582828.jpg
a0259756_21583053.jpg
a0259756_21583296.jpg
甘いのを頂いた後、駅に戻り待合室で時間を過ごす。
15:30の列車に乗車。

またも爆睡。

目が覚めると、車両内、2人だけ。

パンなど食し、谷崎潤一郎の話。
チェ•ゲバラの話などしつつ到着。

って、今(2015)これを書く為にメモや
PCで書き留めておいた日記を見返してみて思ったんだけども

「谷崎潤一郎の話???」

というでかい「?」が。

たぶんこの時、谷崎潤一郎を読んでいてその話をしたんだと思うけれども
ゲバラの方は、思想や生き方とか社会主義うんぬんとかじゃなくて
多分、もっとしょうもない事に焦点を当てて話していたのだと思われます。

そんなこんなしているうちに。
22:00近くシゲット•マルマツィエのこじんまりとした小さい駅に到着。

タクシーを捕まえ目当ての宿、フラミンゴへ。
門の前で呼べど叩けどグッドなバイブスに身をゆだね
ありのままの自分を見つめ直し、くだらなく見えるこの日常を
今日も生きられる事にマジ感謝、とかしてみても誰も出てこない。

「こらダメだ。やってる気配無いし。」

という訳で、もう一つの候補、コロアナへ。

どうもっていうか確実にタクシーに遠回りされ、少し多めの金額を請求される。
タクシーなんかに乗る時、割と地図とコンパスを見ながら
遠回りされていたり、全然別の方向に連れて行かれていないかとか
そんな事を小姑みたいにチェックしているんだけれども
この時も、ちょっと遠回りしている。
と気づいたものの、ドライバーの兄さんの
生活の為にほんのちょっとだけ遠回りしてる、というような
悪事慣れしていない感じに、何も言わず降りる。

コロアナにイン。
お湯出ず。
フロントにそう言い、出るようにしてもらう。
今日も慌ただしかったけれども
日付の変わる前にチェックイン出来たので良しとする。

※駅からコロアナのある中心地までは歩ける距離。
 だけども駅に到着するのが夜だったら、道はかなり暗いので注意。
 街灯もなければ、人通りも無い道だったので。
 タクシー使う方が良いかも。
 ただ、タクシーに乗る時も注意してくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※クルージ•ナポカ → シゲット•マルマツィエ
 約6時間 電車 1人 27.4RON

※コロアナ
 ダブル 90RON
 お湯シャワー有り。
 町の中心部にあるので、便利。
 Wi-Fi部屋で使うのは無理かも。
 レセプションの近くならなんとかなるかもしれない。
 部屋にはテレビもありましたよ。
 建物が古いので、設備はそれなり。
 
a0259756_21590884.jpg
 
部屋のライトをi-phoneのアプリで撮影し
いかにSFチックにできるかという愚行に熱中し
睡眠時間を削ってしまったのはここだけの話。
a0259756_22442116.jpg


[PR]
by kurikurigururi | 2015-04-26 12:08 | ルーマニア | Comments(0)
<< 2012/10/12 「墓職... 2012/10/10 「拝見、... >>