2012/10/27 「まずはちょらちょら、モスクワ市内。」

朝5時、肩叩かれ起床。
その後、1時間ほどでモスクワ着。
パスポートチェックは???

皆、いそいそと布団を丸め始める。
きちんと片付けしている、粛々と。
車内は異常なほど静か。
しかも、みんな布団をきちんと畳んで片付けしている。
今まで何度か乗った他の国の夜行列車では見なかった光景。

6時30分頃、モスクワ着。
まず、自分たちの降りた駅が解らず。
おそらく、Belorusskaya。

駅構内のATMで現地通貨ゲット。
駅員に、宿近くの「TsvetnoyBulvar」までの行き方を聞く。
a0259756_11000523.jpg
構内の路線図を激写。
a0259756_11075188.jpg
a0259756_11075421.jpg

ソレを見ながら、メトロに乗り込む。
レトロフューチャーな世界。

a0259756_11001872.jpg
a0259756_11003050.jpg

*メトロのマップ、キオスクや路上で売っているみたいです。

無事、到着。
駅を出、地図を見ながらちょらちょら宿へ向けて歩き出す。
道中、いかついおっちゃんが親切に教えてくれた。

ホステルワールドで評価が高く、この日1日だけ他より
安くなっていたので泊まってみる事にした
Godzilla Hostelにイン。
a0259756_11003495.jpg
a0259756_11005090.jpg
a0259756_11004147.jpg
フリーマップもらう。
メトロの路線図もあり。ありがたし。
ラゲッジルームに荷物預け、そのままクレムリンへ。
メトロ使わず、徒歩で向かう。

メガネ屋の路上看板?
a0259756_11011964.jpg
アポカリプスのライブw
a0259756_11013528.jpg
雪見大福!
a0259756_11013700.jpg
オービタルのライブポスター
a0259756_11014006.jpg


若干迷いつつも、無事、赤の広場着。

a0259756_11034536.jpg

広場、その周辺全体に何だかわからないエネルギーが
みなぎっているような印象。
建物がとにかくデカイ、存在感が違う。
写真を撮っても、おもちゃに見えてしまう。

ボクロフスキー聖堂。

a0259756_11034053.jpg

レーニン廟。

a0259756_11463921.jpg

クレムリンを観るのは日を改める事にする。

近くのスタバでマトリョーシカタンブラー購入。
お土産用に最適。

a0259756_11040283.jpg
a0259756_11040531.jpg

ボリショイ・バレエのチケットゲットを試みるも断念。
せめてボリショイ・サーカスを見ようと、メトロで移動。
も、当日券なく断念。

翌日の宿の場所を確認して、帰宿。
日の出前から丸1日、動き回った日。

チェックイン済ませ、部屋へ。
1ベッド1コンセント完備。
評価が高いのが解る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※Godzilla Hostel

ドミ 1人 520P(ルーブル)
なんだか、この日1日だけ安くなっていてこの値段。




[PR]
by kurikurigururi | 2015-05-29 06:50 | ロシア | Comments(0)
<< 2012/10/28 「美術館... 2012/10/26 「到着、... >>