カテゴリ:アルバニア( 2 )

2012/10/01 「出国、アルバニア」

a0259756_06032731.jpg
朝4時起きでシュコドラ行きバス停へ向かう。

ここはタクシー使用。

バスターミナル到着、すぐに発車。
2時間ちょいで着。

a0259756_06031540.jpg

すぐにモンテネグロ側、ウルチン行きバス探す。
したらば、声をかけてきたタクシーのおっちゃんが1人7.5ユーロで行くと言う。
ので、それに乗る。

途中、さらに2人拾う。

シェアタクシーか。
そんなこんなで、さくっとボーダ—越え。

くりくり、軽く車に轢かれる。
軽く、なので、問題無し。

くりくりぐるり、モンテネグロへ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※町の中心部からシュコダル行きバス停 
 タクシー 400Lek

※ティラナ → シュコダル
 バス 1人 400Lek

※シュコダル → ウルチン
 シェアタクシー 1人 7.5€

 

[PR]
by kurikurigururi | 2015-02-26 06:17 | アルバニア | Comments(0)

2012/09/30 「ちょらり散歩@ティラナ」

4:30頃、ティラナ市内着。
a0259756_06250087.jpg
a0259756_06250276.jpg
ティラナ駅の前位で降ろされ、ゾクー1世通り(Bilv. Zogu 1)を
中心地に向かって歩いて行く。
まだ夜明け前で、ほとんど人はいないけれども
あまり危険な感じはしない。
モスク前の階段に座ってしばし休憩。
少し空が白んできた頃、宿まで歩く。

ホステル•アルバニア
a0259756_06315673.jpg
入り口の呼び鈴を押す。
反応無し。

もう一回押す。
反応無し。

朝早いしアレかー。
と、思い、少し時間を置いて押す。
反応無し。

その後。

約3時間、宿前で痴呆的に待った所で
中からモヒカンの兄ちゃんが出てきてイン。

これは完全に寝てたね。

8時過ぎ、やっとこチェックイン。
荷物預け、すぐ街歩きに出る。
a0259756_06360907.jpg
a0259756_06390213.jpg
a0259756_06370885.jpg
a0259756_06371206.jpg
a0259756_06372836.jpg
a0259756_06373242.jpg
a0259756_06381205.jpg
a0259756_06362827.jpg
a0259756_06361134.jpg
a0259756_06383734.jpg
a0259756_06385334.jpg
a0259756_06385797.jpg
a0259756_06391983.jpg
a0259756_06392630.jpg
a0259756_06384574.jpg
a0259756_06442628.jpg
a0259756_06444274.jpg
a0259756_06450767.jpg
a0259756_06451567.jpg
a0259756_06451861.jpg
a0259756_06452448.jpg
a0259756_06452790.jpg
a0259756_06453300.jpg

やけにだだっ広く感じられるスカンデルベグ広場を抜け
やっぱりある銅像、国立歴史博物館の外壁、広場に付き物の鳩を見つつ
メンズが全裸展示されている意図の分からないショーウィンドウに爆笑しながら
茶など飲み、シュコドラ行きのバス情報を求め、バス停へ。

a0259756_06404212.jpg
砂糖のパッケージ
a0259756_06404646.jpg
a0259756_06442323.jpg
バスは翌朝5時からあり。
早起き決定。

帰り道、見かけた写真屋に入り、これから先
ロシアに入国する為の書類用に写真を撮る。
トルコで聞いた情報に従い、光沢の無いマット仕上げの物を調達する。

a0259756_06465903.jpg
写真屋のおっちゃん、フォトショでお肌の艶増し&テカリ除去までしてくれる。
日本人が珍しいのか、結構ノリノリでやってくれる。
店内には、古い写真がたくさん。
a0259756_06463942.jpg
a0259756_06464623.jpg
美人だねって聞いたら、奥さんの若い頃らしい。
a0259756_06463389.jpg
おっちゃんの仕事を通して、誰かの人生を見ているようで
なんだか感傷的な気分になる。
この写真の人達は、いまどんな人生を送っているのか。

通りを冷やかしつつ、ツーリストインフォでもう一度バスの情報を確認。
a0259756_06470509.jpg
a0259756_06470877.jpg
a0259756_06472900.jpg
a0259756_06443883.jpg

と、思いきや、日曜で休み。

わりとこういう事多いんだけれども、観光業は休みの日こそやっていないと
あまり意味が無いんじゃないかと思う。

新市街へ向かうも、子供や大人の人に金子をねだられ
歩行中かなり付き纏われ、気鬱。
経済的に厳しい立場の人が結構いるような気がする。

宿へ戻り、シャワー、一休み。
夕方、夕食に出る。
a0259756_06441856.jpg
米ベーコン
a0259756_06441432.jpg
a0259756_06455541.jpg
a0259756_06455217.jpg
ぱさっぱさパンのケバブバーガー
a0259756_06455913.jpg

荷物を整理して、早めに就寝。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ホステル アルバニア
 ホステル アルバニア詳細 ←hostel worldのページへ飛びます。

※証明用写真 1人150Lek
 ロシアビザの為にゲット。
 この後、無事ロシアには入国できました。
 ありがとう、おっちゃん!
a0259756_06462415.jpg

 

[PR]
by kurikurigururi | 2015-02-23 07:50 | アルバニア | Comments(0)