カテゴリ:ボスニア・ヘルツェゴビナ( 3 )

サラエボ雑景

a0259756_07404281.jpg
a0259756_07395848.jpg
よくよく見てたら面白くなってきた標識。
a0259756_07400499.jpg
a0259756_07414865.jpg
ウェディングドレス屋。
a0259756_07402538.jpg
a0259756_07403642.jpg
a0259756_07362550.jpg
国立博物館。
a0259756_07405155.jpg
a0259756_07405990.jpg
プロパガンダポスターや紛争当時のいろいろな物が展示されている。
a0259756_07410441.jpg
a0259756_07411081.jpg
a0259756_07411441.jpg
a0259756_07411832.jpg
a0259756_07412398.jpg
a0259756_07412707.jpg
a0259756_07413198.jpg
a0259756_07413970.jpg
a0259756_07365121.jpg
a0259756_07373267.jpg
a0259756_07373821.jpg
a0259756_07374442.jpg
a0259756_07374841.jpg
a0259756_07375351.jpg
a0259756_07375671.jpg
a0259756_07375985.jpg
a0259756_07380979.jpg
a0259756_07381143.jpg
チビッコ達の遊んだ後が路上に。
a0259756_07421009.jpg
a0259756_07422574.jpg
土産物屋を覗くと、銃弾を加工したキーホルダーなんかが並んでいた。
a0259756_07422875.jpg
a0259756_07423414.jpg
サラエボの育児雑誌。
a0259756_07424139.jpg
サラエボの猫のみなさん。
a0259756_06204778.jpg
a0259756_07423736.jpg
そこらじゅうの壁に描かれていたこの人は誰なんだろう?
a0259756_06260902.jpg
国が変わってもポスターにするイタズラは同じなんだと確信した一枚。
a0259756_06262361.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2015-04-02 08:26 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)

2012/10/05 「サラエボ、銃痕の花屋」

a0259756_06215313.jpg

朝。
宿を出て、町を歩く。
宿周辺のゆるやかな坂道。
a0259756_06203378.jpg
a0259756_06255171.jpg
a0259756_06252226.jpg
見かけた茶屋に入ってみる。
割とヒッピー系のおねいさんが店をやっていた。
a0259756_06251780.jpg
a0259756_06205650.jpg
茶を喫し、さらにちょらちょら歩いてみる、
と。
白い墓標が一面に建っている一画に出る。
a0259756_06213968.jpg
a0259756_06213404.jpg
a0259756_06214477.jpg
1991年の紛争で1万人以上の人が命を落としたというサラエボ。
その現実を目の当たりにしたような気持ちになる。
未だに古い建物には銃痕の跡が残り、動くものは何でも狙撃されたという
スナイパー通りと呼ばれている通りもある。
お墓をぱしゃぱしゃ写真に撮るのはどうかと思いながらも
何枚か写真を撮っている間にも、墓標に花を手向けにくる人がチラホラ。
ここに眠っている人との関係は解らないけれども
大切な人なんだろうな、と思う。

と、墓場を後に歩き始めるとそこには。

a0259756_06212201.jpg
a0259756_06212491.jpg
壁に銃痕の残る花屋さんが。
商売としては最高の立地。
何か辛い事や悲しい事があったとしても
生きている人間はこれから先も生きていかなきゃ行けない。
今日、明日を食べていけるように働かないと。
なんだろう、この花屋さんを見た時に
人間のたくましさみたいな物を感じて、希望的な気持ちになる。

トラムに乗り、スナイパー通りを行き、国立博物館へ。(1人4KM)
a0259756_06240703.jpg
a0259756_06243279.jpg
a0259756_06242664.jpg
紛争時、人々が隠れていた部屋を再現したもの。
a0259756_06241753.jpg

博物館を出た後、歩きながら宿方面へ戻る。

a0259756_06235335.jpg
a0259756_06240414.jpg
a0259756_06244110.jpg
a0259756_06244966.jpg
a0259756_06262849.jpg
a0259756_06263354.jpg
1914年、第一次世界大戦の引き金になった
オーストリア皇太子夫妻狙撃事件のあったラテン橋。
a0259756_06264321.jpg
a0259756_06220379.jpg
a0259756_06220703.jpg
a0259756_06221133.jpg
茶を喫する、気さくなおじちゃん達。
a0259756_06222056.jpg
a0259756_06223739.jpg
a0259756_06223286.jpg
宿近くの図書館@補修中。
a0259756_06250510.jpg
屋内市場。
a0259756_06224169.jpg
a0259756_06225465.jpg
昨日の晩もお世話になった、市場2階の食堂で食事。
a0259756_06230495.jpg
肉と野菜の煮込み料理。
サワークリームが添えられている。
a0259756_06230866.jpg
トマト味の。
a0259756_06231271.jpg
a0259756_06231533.jpg
近くの古着屋を散策し、少し服を調達。
手洗いしているとすぐにボロボロになる。

宿へ戻り荷物をピックアップ。
日本大使館近くの乗り場から103バスで東バスターミナルへ向かう。

1日しかいられなかったけれど、印象としては人が優しかった。
食べ物がんまい。

次の目的地、モンテネグロのポドゴリツァ行きバスに乗る。

20:00発。

即、爆睡。

宿のにいさん、終始テンパリ気味だったけれど、すっごい良い人だった。
人のよさが滲み出ている一枚wもう少し滞在したかった。
a0259756_06220182.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※サラエボ → ポドゴリツァ
 バス1人 35.5KM



[PR]
by kurikurigururi | 2015-04-01 07:23 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)

2012/10/04 「入国、ボスニア•ヘルツェゴビナ」

3時間ほどでモスタル着。
↓バス停
a0259756_16344891.jpg

バス停に荷物を預け、スターリ・モストへ。

町を歩く、銃痕の残る壁。
a0259756_16341879.jpg
a0259756_16343907.jpg
a0259756_16342555.jpg
a0259756_16343458.jpg
a0259756_16345199.jpg
a0259756_16345491.jpg
a0259756_16363368.jpg
町中で見かけたライブの貼り紙。
youtubeでこのライブの動画発見。
ハードコア、パンク、グラインドコア系のイベントだった。
こういうの見つけるのも楽しい。
a0259756_16370292.jpg
a0259756_16370547.jpg
a0259756_16332522.jpg
a0259756_16335493.jpg
a0259756_16332124.jpg
a0259756_16325662.jpg
a0259756_16330234.jpg
a0259756_16324789.jpg
a0259756_16355001.jpg
町中にはどことなく、暗い雰囲気がある。
壁に銃痕が生々しく残った建物が至る所にあるからなのかもしれない。

a0259756_16354766.jpg
1993年に紛争で破壊され
復元された橋、スターリ•モスト。
a0259756_16341154.jpg
a0259756_16355827.jpg
a0259756_16331386.jpg
a0259756_16360180.jpg

橋、見、土産物屋で紛争時のビデオをちらりと見る。
バス停近くの食堂で食事。
a0259756_16344544.jpg
a0259756_16344207.jpg
14:10発の列車に飛び乗り、サラエボへ。
急いで飛び乗った為、少し高いチケット購入してしまう。
乗ってみると、めっさ良い列車。

a0259756_06454366.jpg
a0259756_06454828.jpg
a0259756_06455196.jpg

景色、素晴らしいけれども、眠気に負け寝落ち。
2時間半程で着。
駅構内がガランとしていて、少し寒々しい感じ。
a0259756_06455412.jpg
a0259756_06455792.jpg
a0259756_06455941.jpg
新聞社アヴァズのアヴァズ•ツイスト•タワー。
a0259756_06461445.jpg
a0259756_06461731.jpg

トラムに乗り、宿のあるバシチャルシァへ。
1番トラム。
15分程乗り、国立図書館付近で下車。
宿を探し、ちょらつく。
事前に調べておいたのになかなか見つからず、周囲の人に聞く。
1人のおっちゃん、わざわざ宿探しに走ってくれる。
その間もふらりと現れたマダムが電話してくれる。
おかげで宿発見。
a0259756_06465221.jpg
a0259756_06462053.jpg
a0259756_06462295.jpg

宿の兄ちゃん、なぜかテンパリ気味にいろいろ世話を焼いてくれる。
荷物置いて、即、町へ出る。
a0259756_06462573.jpg
a0259756_06463475.jpg
a0259756_06464064.jpg
a0259756_06463856.jpg
a0259756_06464270.jpg
a0259756_06464750.jpg
a0259756_06465062.jpg
荷物置き、食堂へ。
散々探し、屋内市場2階の食堂にイン。
お手頃価格でうまし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※モスタル → サラエボ 
 電車 1人 18.3KM

※中央駅 → 国立図書館
 1人 1.8KM

※Hostel Magaza 
 ダブル 1人10€
 Wi-Fi、お湯シャワー有り。

[PR]
by kurikurigururi | 2015-03-31 07:33 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)