カテゴリ:エストニア( 3 )

タリン雑景

タリン
バルト海、フィンランド湾に面した港街。
a0259756_07332560.jpg
a0259756_07333025.jpg
中世の頃の街並を残した趣きのある街。
a0259756_07342952.jpg
a0259756_07343563.jpg
a0259756_07344058.jpg
a0259756_07344972.jpg
a0259756_07345442.jpg
a0259756_07350432.jpg
a0259756_07484410.jpg
a0259756_07485081.jpg
a0259756_07485491.jpg
a0259756_07490003.jpg
a0259756_07491555.jpg
a0259756_07492174.jpg
a0259756_07493596.jpg
a0259756_07494946.jpg
a0259756_07500085.jpg
a0259756_07501866.jpg
a0259756_07502616.jpg
a0259756_07503019.jpg
a0259756_07503787.jpg
a0259756_07504487.jpg
a0259756_07505076.jpg
a0259756_07505484.jpg
a0259756_07510409.jpg
a0259756_07510610.jpg
a0259756_07514232.jpg
a0259756_07520045.jpg
花屋がズラっと並んだ一画。
a0259756_07520720.jpg
a0259756_07521324.jpg
これだけ並んでるって事は
それだけ花を買って行く人がいるって事で。
a0259756_07552625.jpg
a0259756_07522128.jpg
a0259756_07552931.jpg
a0259756_07553254.jpg
a0259756_07553600.jpg
a0259756_07553936.jpg
a0259756_07554688.jpg
秋っぽい感じ。
a0259756_07554911.jpg
a0259756_07525127.jpg
a0259756_07531762.jpg
a0259756_07530057.jpg
a0259756_07532395.jpg
a0259756_07533026.jpg
a0259756_07533664.jpg
a0259756_07533992.jpg
a0259756_07540004.jpg
a0259756_07542536.jpg
a0259756_07543096.jpg
a0259756_07543839.jpg
a0259756_07544219.jpg
通りにあったレコード屋にて、懐かしのデペッシュモード発見w
a0259756_07544494.jpg
a0259756_07544842.jpg
a0259756_07555373.jpg
スーパーでご主人の買い物が終わるのを待っていた犬くん。
a0259756_07560971.jpg
ポスター類。
a0259756_07563612.jpg
a0259756_07563915.jpg
a0259756_07564223.jpg
a0259756_07564882.jpg
a0259756_07565101.jpg
a0259756_07570315.jpg
a0259756_07570948.jpg
a0259756_07550909.jpg
a0259756_07550071.jpg
a0259756_07551214.jpg
歩いているだけで、中世の雰囲気ムンムン。
a0259756_07541349.jpg
a0259756_07523926.jpg
夜の広場。
a0259756_07523070.jpg
a0259756_07523342.jpg




[PR]
by kurikurigururi | 2015-07-05 07:55 | エストニア | Comments(0)

2012/11/03 「ちょらり、タリン。」

この写真左の
「太っちょマルゲリータ」
と呼ばれる建物脇の門から旧市街へ。
a0259756_07195014.jpg
a0259756_07195482.jpg
日本で言えば、リゾナ—レ小淵沢のような雰囲気。
a0259756_07195990.jpg
15世紀に建てられた「三人姉妹」と呼ばれる商家。
a0259756_07200774.jpg
街をちょらちょら歩きながら
街並ってそのまま観光資源になるもんなんだなぁとしみじみ思う。
建物や看板やその他諸々、ある程度統一されて
街全体で旅気分を演出してくれるというか。
a0259756_07201419.jpg
a0259756_07202266.jpg
a0259756_07204125.jpg
ケーキ屋のショーウィンドウ。
a0259756_07203535.jpg
a0259756_07204785.jpg
a0259756_07222659.jpg
a0259756_07223102.jpg
ラエコヤ広場。
a0259756_07222314.jpg

a0259756_07223502.jpg
a0259756_07223841.jpg
a0259756_07224744.jpg
a0259756_07225125.jpg
雑貨類がいちいちかわいい。
午前中、曇り空で写真、いまいち。
珈琲等飲みつつ、ちょらり散歩。

a0259756_07230873.jpg
a0259756_07231176.jpg
帝政ロシアが建てたネフスキー聖堂。
そのせいかなんとなく街並から浮いている気もする。
a0259756_07245664.jpg
ちょらちょらしていたら面白そうな茶屋発見。
a0259756_07244696.jpg
a0259756_07241064.jpg
a0259756_07241860.jpg
いい感じ。
a0259756_07265469.jpg
ヨーグルトをそう言い、しばし休憩。
a0259756_07243289.jpg
a0259756_07270205.jpg
再びちょらり。
a0259756_07233042.jpg
a0259756_07233499.jpg
a0259756_07234202.jpg
a0259756_07235171.jpg
a0259756_07235472.jpg
a0259756_07235785.jpg
a0259756_07240507.jpg
ドームベア城の塔「のっぽのヘルマン」。
a0259756_07250929.jpg
a0259756_07251319.jpg
a0259756_07252184.jpg
日も暮れ始め、昨日と違う中華料理屋で夕飯。
エストニアまで来て、二晩続けて中華という。
a0259756_07260872.jpg
a0259756_07273129.jpg
麻婆豆腐とトマト玉子炒め。
a0259756_07272367.jpg
んまし。
a0259756_07272003.jpg
a0259756_07272815.jpg
花屋通り。
a0259756_07255525.jpg
a0259756_07260392.jpg
a0259756_07274531.jpg
a0259756_07501625.jpg
a0259756_07502195.jpg
a0259756_07502376.jpg

「お化け通り」というお化けが出るらしい通りなど通りつつ、スーパーに寄り、帰宿。

翌日の「日帰りヘルシンキ」行きのフェリーの下調べ等し、ぐるり、くりくりの髪を切る。



[PR]
by kurikurigururi | 2015-07-02 08:01 | エストニア | Comments(0)

2012/11/02 「エストニア入国。太っちょマーガレットとフォーチュンクッキー。」

そんなこんなでイミグレを抜け、バスに乗り直し2時間ほどでタリン到着。

時差で時計が2時間戻る。
ちょっと得した気分。

バス停からトラムに乗って宿の近くへ移動。
タリンの宿は、ファット•マーガレッツという宿。

街をちょらっと歩いて感じたのが
車の運転優しい、ような気がする。
無事到着。
a0259756_07280816.jpg
a0259756_07322440.jpg
(以下、ビフォーアフター調で)
今回、匠が取り入れたのは、応急処置感を
あえて丸出しにする手法。
壁に打ち付けられたコンパネが木の温もりを
部屋にもたらします。
a0259756_07322665.jpg
さらに大胆に何故か濡れているソファ。
これがある事で部屋の乾燥を防ぎます。
a0259756_07322852.jpg

宿、思っていたよりきれい。
ハリボテしてあるし、なぜかイス濡れてたけども。
宿内は結構広かった。

日も暮れているし、今日は旧市街へ出て、夕食。
見かけた中華屋にイン。
こんな通路の奥に中華屋が。
a0259756_07314668.jpg
a0259756_07314419.jpg
a0259756_07311952.jpg
a0259756_07312571.jpg
a0259756_07312462.jpg
チャーハンと野菜炒め、白米付き。
高そうな店内だけれども、二皿で約10€。
a0259756_07313137.jpg
a0259756_07313604.jpg
a0259756_07313375.jpg
帰りがけにくれたフォーチュンクッキー。
a0259756_07313947.jpg
日も落ち、雰囲気のある街並みを宿へ戻る。
a0259756_07310833.jpg
a0259756_07311293.jpg
a0259756_07315022.jpg
a0259756_07315444.jpg
帰りしな、スーパーにイン。
a0259756_07315754.jpg
a0259756_07320034.jpg
a0259756_07320256.jpg
a0259756_07320470.jpg
宿へ戻り、購入したアイスをぱくり。
a0259756_07321229.jpg

a0259756_07320769.jpg
気持ち的に上の部分になんか載っていて欲しい気もする。
a0259756_07321074.jpg
中華屋でもらったクッキーを開けてみる。
と、なんか入っている。
a0259756_07321629.jpg

『笑顔はあなたを若々しくさせるのよー』
って事かな?
a0259756_07322009.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※FAT MARGARET'S
ツイン 約22€(2012年当時)
この時、宿内を改装工事していて、今ホステルワールド見たら
かなり綺麗になってました。
宿はヘルシンキへ日帰りするには便利な場所。

[PR]
by kurikurigururi | 2015-06-28 06:54 | エストニア | Comments(0)