カテゴリ:現在地( 16 )

近況報告

くりくりぐるり、2014/06/09 久しぶりすぎる現在地。

前回の近況報告から


カナダ → 一瞬、日本 → マレーシア → シンガポール 
 インドネシア → マレーシア → タイ → ラオス
→ 再び、中国 → モンゴル → 三度、中国、と移動し。


2013/08/25 帰国。


しておりました。


くりくりぐるり、約1年と半年、未承認国家含め、合計84ケ国。


くりくりはこれまでの合計118ヶ国。





「死んでると思ってたらまだ生きてた。」




みたいなゾンビブログ状態ですが

ちくちく粛々続けます、それは、そこは。

ブログはこれから、やっとエジプト。


なんだけれども。


その前に。


帰国後、旅先で出会った人々が会いに来てくれたり
会いに行ったりと、そんな事もあり、少し書きたい事もあるので
ちょこっと旅のルートから脱線します。
つっても、次の記事くらいだけれども。


↓酔いつぶれたおっさん、もしくは歌い上げてる人みたいなこの子。
帰国後、供に暮らす事になったぬこ様です。
a0259756_23281936.jpg





[PR]
by kurikurigururi | 2014-06-09 22:32 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2013/06/30 現在地。

前回の近況報告から

エクアドル → ペルー → ボリビア → パラグアイ → アルゼンチン 

→ ウルグアイ → アルゼンチン → パラグアイ → ブラジル 

→ 仏領ギアナ → スリナム → ガイアナ

→ ブラジル → ベネズエラ → トリニダート・ドバコ → カナダ → アメリカ

と、移動し、現在。

再びカナダ。

バンクーバーから、日本経由で最後、再びアジアへ向かいます。


ブログはこれから、マラウィ。

もう帰国までに追いつくのは諦めております。



---------------------------------------------------------------------------


※ベネズエラ 闇レート (2013.6月初旬時点)

  1$ ≒ 28 BVF

ブラジルからサンタエレナ・デ・ウアイレンに行き、そこで両替。
両替屋のおっちゃんに聞いた所によると
 
 
「国境に近い方がレートが良い」


との事で、実際、ロライマのツアーで一緒になった人に聞いた所
カラカスでの闇レートは1$≒20BVF
なので、両替するなら、国境近くが良い模様。
 
また、都市部では、闇両替の現場を警官に見つかると、面倒くさい事になるので注意。
国境近くの方がその点はかなりゆるいらしく、サンタエレナでは
町の通りに赤い両替商の服を着た人が

「カンビオ!カンビオ!」(←両替の意)

なんつって声を上げているくらいゆるい。
 
大体、レートをあわせているけれども、根気良く聞いていくと、レートの良い人が居る。

両替商だけでなく、店をやっている人からも声を掛けられる事があって
そこが意外にレートが良かったりする。


※ベネズエラ名物
  
 「腐った軍人による腐った軍人の為の腐った荷物検査」情報。

ベネズエラ国内をバスで移動していると、軍のチェックポイントで止められる事がよくあります。

一応バスの乗客全員がチェックされるのが基本だけれど
ツーリストだけ降ろされてチェックされる事もある模様。

 「違法なものを持っていないかチェックする」

という建前で行われるんだけれども
ツーリストにはあからさまに賄賂を請求してくるものです。
 
いろいろ難癖をつけてきて「ドルは無いのか?」的展開に持っていくのが常套手段。

我々が遭遇したのは一度だけでしたが、その時は

 「おんやぁ?ビザが無いぞぅ?」

つって絡んできました。

ベネズエラは日本人は90日以内の滞在であればビザ不要。

その時は、チェックポイントのPCがスカイプの画面になっていたので

「日本大使館に電話して、聞いて確認したら?」

と、言い放ち、超然。

としていたところ、最後の最後までバスに乗せてもらえませんでした。

結局、他の乗客が全員バスに乗ってしまったところで、解放されました。

ちなみに腰のマネーベルトも知っていて、見せろと言ってきます。

ので、

・ドルは見せない。(どこかに隠しておく)

・男女で行動していたら、女性の方がチェックが甘いので、そちらに預ける。

・威嚇的だけれども、雰囲気に呑まれず、ほどほど強気で。

てな感じで、乗り切ってください。

ちなみに日本人だけでなく、他の国のツーリストも同じ目にあっている模様。
現地の人も、現金持ってそうな人は何やら難癖つけられていました。

では、気をつけて良い旅を。



↓ロライマ天頂部にて。

a0259756_15592824.jpg













 

 
[PR]
by kurikurigururi | 2013-06-27 17:31 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2013/03/18 現在地。

前回の近況報告から

グァテマラ、ビオ・トポ・デル・ケツァール → ホンジュラス → ニカラグア

→ コスタリカ → パナマ

と、移動し、現在。

コロンビア、サレント。

これから、南下し、エクアドルへ向かいます。

ブログはこれから、スワジランド。


コスタリカで見たナマケモノ。
a0259756_13522972.jpg



※パナマの安宿情報

パナマシティのZURY'S BackpackersがPARADISEという名前に変わった、とか

CASA RICAという名前になっている、と、聞いていて、行ってみた所…

完全に無くなっていました。

宿があるはずの場所に着いたところ、2匹の猫さんがまるで

「やっと宿に到着してみたら、廃屋になっていて
 目の前の現実をなかなか受け入れられずに虚脱するアジア人。」

でも見るような眼で柵の中からこちらを見ているばかり。
a0259756_15164862.jpg


時、すでに夕刻近く、近隣に安宿を求めるも、
セントラルであるこの辺りには安宿は無し。
日は暮れ始め、誰に聞いても、この辺りでは無いと言われ、虚脱。

2人して月を見上げ

「苦しいです、もう、さようなら、サンタマリア」

と言ったところ

「さよならだって?からっきし意気地のないやつだなぁ。仲間へ手紙を書いたらいいや」

と、月が言う。

「おふでも紙もありませんよぅ」

と我々が言ったところ、赤い着物の童子がすずりと紙を持って来てくれたので

「僕達はずいぶん眼にあっている。みんなで出て来て助けてくれ。」

と、したためた手紙を赤い着物の童子に渡すと
童子は林の方へ持って行ってくれ、
それを読んだ象の仲間達がいっせいに立ち上がり、まっ黒になって吠え出し、

「おう、でかけよう!グララアガァ!!グララアガァ!」

なんてって、林を嵐のように鳴きぬけて救援に駆けつけてくれ
なんとか事なきを得たのです。

なんて事にはなるはずがなく。

というのは、ただでさえ、交友関係の狭い我々に象の知り合いがおらない。
というのと、そもそもこれは宮沢賢治著「オツベルと象」という話で出てきたくだりで
現実にはそんなファンシーな展開にはどうがんばってもならない。

ので。

散々歩き回り、野良Wi-fiで付近に宿がないか探すなどした後
タクシーで安宿近辺まで移動、無事、寝床を確保。
パナマシティに着いて、数時間、宿探しに翻弄されたのです。

というわけで。

以下、パナマ、安宿情報2013。

これからパナマシティ入る方、セントラル付近に安宿は無い模様。
カスコ・ビエホ地区で探したほうが吉。


・Hospedaje Casco Viejo ドミ11$

 カスコ・ビエホのサン・ホセ教会の前。
 Wi-Fi キッチン バスタオル 朝食付き
 (ネット、不安定。繋がらなくなったら、モデムをリセットしてみてください。
  アイフォンは繋がるのにPCは繋がらないという変な状況。)

・PANAAMERICANA HOSTEL ドミ13$ ダブル28$

 上の宿のすぐ近く。
 エレーラ広場のすぐ横にあり、ビル丸ごとホステル。
 かなり広々した宿。
 Wi-Fi キッチン バスタオル 朝食付き
 (ネット、ここも上の宿ほどではないけれど、不安定な時有り。
  遅いけど、普通にメール見たりする分には問題なし。)


他にもホステルワールドで見ると、いくつか出てくるので、見比べてみてください。


  
 
[PR]
by kurikurigururi | 2013-03-18 13:20 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2013/02/25 現在地。

前回の近況報告から

メキシコ、サンクリストバル・デ・ラスカサス→

グァテマラ入国、シェラ→パナハッチェル→アンティグア→パナハッチェルと移動。

現在、再びアンティグア。

全くもって先に進んでおりません。

が、

この辺りでいろいろとやる事があり、時間を使っておりました。

明日、グァテマラの国鳥「ケツァール」が舞い降りるという

ビオトポ・デル・ケツァールへ移動。

その後、次の国…

エルサルバドルかホンジュラス。

ラーメン屋で半ライス頼むかやめとこうか…位、迷う程度に迷って、多分ホンジュラス。

ブログは未だにレソトを出たところ。
ブログの方では、これから南ア再入国→スワジランドへ。

↓グァテマラの民族衣装。
a0259756_8203243.jpg


↓グァテマラの大きな魅力の一つ、ウィピル(刺繍)、本当に美しい。
a0259756_8205569.jpg



※先日、チキンバス内での切り裂き窃盗犯に遭遇。
  したので、その手口を書いておきます。
  すぐ気づいたので、バッグ切られた以外に被害は無し。

1.窓側から、ぐるり、くりくり、おばちゃんの順番で着席。
 「このバス、運転が異常に荒いねぇ。」なんて話していた位、揺れが激しく
 チマルに着くまで、おばちゃんが「抱きついてます?」レベルで寄りかかってくる。
 (おそらく、この時、すでにバッグを何かで切り始めていた)

2.チマル到着近辺で通路に立っていたおっさんが
 「どこいくんだ?」とか、突然聞いてくる。
 この時、おっさんが通路からおばちゃんを圧迫。
 おばちゃんは押されている風小芝居で、密着から圧着へ。
 さらに突然後ろの座席のおばちゃんまで話しかけてきて、瞬時にてんやわんや。
 (この時、さらにバッグを切り込もうとしていたと思われる。ついでに言うと
  おっさんが押さなくても良いくらいに通路はがらがら)

3.バスが停まり、降りようと席を立つ。くりくりが降りようとするも
 おばちゃんは降りる気配無く、よける気配も無い。
 仕方ないのでおばちゃんのひざをまたぎ、無理に出ようとする。
 続いて、ぐるりが出ようとすると慌てておばちゃんが立ち上がり、
 手に持っていた布で、くりくりのバッグを隠し、もそもそやる。

4.この時点でっていうか少し前から「この子らはおかしい。完全におかしい。」
 と思っていたのでバッグを見ると、閉めていたはずのチャックの部分が
 空けられていて入れていたポーチが無い。
 すぐに席に戻り、おばちゃんに疑惑の目。
 「知らない、きっと他の誰かだ」とか言う。と、横にいた圧迫おやじが
 「あれ?ここに落ちてるじゃん!」とか言う。で、床に落ちていたポーチを
 拾い上げ渡す。どう考えても盗ってバレて床に投げた、どっかのコントで
 見たような感じ。

5.「警察だね。」おばちゃんに一言言う。
 すると、かかってない携帯に出るふりをしながら、慌ててバスを降りる。
 追おうとすると、バスがいきなり走り出す。
 すぐに車内で他に盗られた物が無いか確認。無し。

6.数十秒後、バスを停めて降りる。変なとこで降ろされ、目的のバス停まで
 歩いている最中、バッグの一部が切られているのを発見。
 相当切ろうとしたらしく、中の財布にもいくつも刃物の傷。

と、いうわけで。
盗難被害は無かったものの、くりくりはお気に入りのバッグを切られ激怒。
ドライバーがグルかは灰色だけども、チキンバス乗る時、ほんと気をつけて。

おばちゃんだから、おっちゃんだからって油断禁物。

気づいたら、盗られて相手に逃げられていて



「ばっかもーんっ!そいつがルパンだぁっ!」


なんて地団駄を踏む。

なんて悔しい思いしないように、お互い気をつけましょう。
何か少しでもおかしいなと思ったら、おおむねそいつはルパンです。


や、ルパンはそんなに雑じゃないw
[PR]
by kurikurigururi | 2013-02-22 03:28 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2013/01/29 現在地。

前回の近況報告から

スペイン→メキシコ、カンクン→ベリーズ→グァテマラ

と、移動して、現在。

再びメキシコに入り、サンクリストバル・デ・ラスカサス。

この町には随分長く滞在。

明日にはまた、グァテマラへ移動。

ここサンクリストバルでは、とても良い時間を過ごせ、幸せです。

また戻ってきたい。

と、感傷的になりつつも、次の町へ。

早くこの町の事を書きたい。

けれども、ブログは未だアフリカ。

やっと、南アフリカを出、これからレソト。

いつになるのか皆目検討もつかず。

a0259756_16151441.jpg


a0259756_16153891.jpg


※スキミング情報
 ボリビア、ウユニに行かれる方。
 スキミング被害にあった方がいるようです。
 
 ウユニの町、教会近く、レストラン、お土産屋の並ぶ広場にある
 Banco Fie というATMが怪しいとの事です。
 確定ではないですが、要注意。
 十分気をつけてください。
 我々も、ウユニに向かいますが、汗水たらして貯めたお金を
 こんな手口でごっそりいかれるのは、はなはだ遺憾であります。
 ので、お互いに気をつけましょう。


 

[PR]
by kurikurigururi | 2013-01-29 16:27 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2012/12/31 現在地。

前回の近況報告から

デンマーク→オランダ→フランス→イタリア→スペイン→モロッコ

と、移動して、現在。

再びスペイン、マドリッド。

元旦、メキシコ、カンクンへ。

ここにきて、先日、メインのパソコンが中破。

リアルタイムでの更新は無理と解っていながら、始めた毎日分の記事。
さらに追いつかなくなりそうなっていうか、帰国前には追いつきません、それは、そこは、
ので、いろいろ臨機応変に書いてゆきます。

今年、本当にいろいろありましたが、たくさんの方々にお世話になりました。

本当にありがとうございました。

それでは、皆様、良いお歳を。


モロッコ、青の町シャウエン
a0259756_81288.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-12-31 07:53 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2012/11/25 現在地。

前回の近況報告から

ラトヴィア→リトアニア→ポーランド→スロヴァキア→
ハンガリー→スロヴェニア→オーストリア→チェコ

と、移動して、現在。

ドイツ、ベルリン。

明日、デンマーク、コペンハーゲンへ。


先日、ケニア、ナイロビのジャングルジャンクションという宿で発砲事件がありました。

数ヶ月前に我々も泊まっていた宿。

宿に入るゲートの前で、守衛がゲートを開けるまでの間に発砲され
宿泊していた欧米人の男性が深刻な怪我を負ったそうです。

宿泊時、街歩きしていて、たまたま声をかけてくれた
ナイロビに10年以上住んで仕事をしている日本人の方が

「JJから300m先はスラムだから、絶対に夜は外に出ちゃダメですよ。
先週も近くのショッピングセンターの警備員が撃たれて殺されちゃいましたから。」


と、教えてくれ、気を引き締め直しました。

ひょいっと来た自分達が「あれ?結構大丈夫?」なんて思っても
そこに住んで、そこで働いて、現地の人達の中で暮らしている人が

「危ないから絶対にやめろ」

と、言ったらそれに従いましょう。

と、思います。

「ひょっとしたら自分だったかもしれない。」

これから、アフリカに行く人は十分気をつけて。

身近に行くと言う人がいたら、教えてあげてください。

女性の方は、できるだけ単独行動は避けましょう。

何が起きるのか解らないのが、アフリカ。

でも、だから面白いのも、アフリカ。

気をつけて、帰る所へちゃんと無事に帰りましょう。

とりあえず、我々は「恐ろしく物価の高い」という噂のデンマークへ向かいます。
あまりの物価に白目剥きすぎて何も見えないかもしれないけれども。


↓ベルリンの工事現場。街の至る所に遊び心。
a0259756_423648.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-11-23 07:30 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2012/11/06 現在地。

前回の近況報告から

→クロアチア→→モンテネグロ→ボスニア・ヘルツェゴビナ→→セルビア→ルーマニア→モルドバ
→トランスドニエストル→ウクライナ→ポーランド→リトアニア→ベラルーシ→ロシア
→エストニア→フィンランド→エストニア

と、移動して、現在。

ラトヴィア、リーガ。

これから、リトアニア、ポーランドを経由。
再び中欧を駆け足で周る予定。

リトアニアで古着屋をまわり、冬の支度はできましたが…

それでも寒し。

ロシアでは歩いているだけで、顔面結氷寸前。

さらに、欧州の物価の高さに腰砕け中。


↓ロシアのメトロ。レトロフューチャー感むんむんでたまらないw
a0259756_7511648.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-11-07 07:51 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2012/10/01 現在地。

イスラエル→トルコ→ブルガリア→ギリシャ→マケドニア→コソボ→アルバニア

と、移動し

現在、モンテネグロ、コトル。

2人とも初めての中欧に入り、毎日国が変わり
言葉が変わり、あまり性能のよろしくないおみそが煮え立ちそうな毎日。

明日には、クロアチアへ移動します。

日本、今、台風で大変みたいですが、大きな被害が出ない事を祈ります。



*コトル@モンテネグロ
a0259756_241242.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-10-02 02:42 | 現在地 | Comments(0)

近況報告

くりくりぐるり、2012/09/11 現在地。

イスラエルはエルサレム。

今日、というか明日朝4時の飛行機でトルコへ。
今夜、

「ドMにはたまらない。」

という噂の、ベン・グリオン空港の出国審査に臨みます。

入国時にもバックパックの中身を、他の旅行者がわんさといる中
全て開けて見られたので、今回はどこまで調べるのか、興味津々でありつつも、気鬱。

さくっと通過できますように。


↓エルサレム新市街地、シャレオツ店舗のショ―ウィンドウにて。売れてるのか?
a0259756_23202817.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-09-11 23:25 | 現在地 | Comments(0)