<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012/09/06 「イスラエル、噂の厳しめ入国審査」

イスラエル側エイラットのイミグレ鬼混み。

ニュースなんかでも伝わってくるように
いろいろきな臭いせいで入国審査の厳しいイスラエル。
ただでさえ、時間がかかりそうなのに
そこでツアー客に鉢合わせ、数十分並ぶ。

やっとこ我々の番。

まずはぐるり。

一度、荷物をX線でスキャン。
中を確認するので開けるよう言われる。

その後、多くの韓国人ツアー客の前で
バックパックの中身を全て出す。

「これは何?」

「靴下です。」

「これは何?」

「自炊用の塩とかです。」

「これは何?」

「腹痛の薬です。」

「これは何?」

「おパンツでございます。洗ってございます。」

等々、いちいち確認され、辟易。

昨晩きっちりパッキングしたバックパックをひっくり返され
中身を抜かれ、干物の如き有様のバックパックを更にX線でスキャン。

どうやら、インドで買ったタブラ調整用のハンマー、
これが引っ掛かっていた模様。

その隣でくりくり、いくつかの荷物を出すよう言われる。

数十人のツアー客がほぼ終了する頃。

「サンキュー」

とだけ言い残し、係員、突如、我々に興味を無くす。

フルオープンした荷物の前に佇む我々。

沈黙のパッキング。

続いて、パスポートコントロール。

1対1で、入国に関する幾つかの質問に答える。
ま、どこの国でもそうなんだけれども。
ここイスラエルは、セキュリティの為、根掘り葉掘り聞いてくる。

そして、一番重要なのは


パスポートにイスラエルの入国スタンプを押されない事。


パスポートにイスラエルの入国スタンプがあると


イスラエルと関係の悪い国には入国できなくなる。


つまり、イスラム教、アラブ圏のほとんどに入れなくなる。

一応、イスラエル側でもそんな事情は汲んでいて、
スタンプは別紙に押してくれる。
がしかし、意地悪な係員に当たると容赦なく押されてしまう事もある、との事。

まずはぐるり。

「こんちは!スタンプ押さないでちょうまげ。」

「なんで。」

「この後、スーダンに行くかもしれないんス」(そんな予定はないけれども)

「いつ行くんだ?」

「今年じゃないけど、近いうち」

「どこから来た?」
「どこへ行く?」
「何しに来た?」etc.

等の普通の質問。

心もと無い英語力でへどもどながらも何とか答える。

と。

審査官、あるページで手を止める。



「パキスタンに行った事は?」



やっぱりそこですよね、解ります。

と、文字的に思う。

そう、今回、本当であれば
インドからパキスタンへ陸路で抜ける予定であった為
すでに日本でパキスタンビザは取得済。

つい先日、それが切れたばかり。
で、そのビザがパスポートにある事がひっかかる。

手元の電話を取り、どこかへ電話。
聞いているとパキスタンのビザの話。

これはウワサの別室行きか…

ぐるり、少し覚悟する。

入国審査で、何か引っかかるような点があると
別室へ連れて行かれ、長ければ数時間、質問攻めにあう。

審査官が電話を置く。

「どうしてパキスタンに行かなかったんだ?」

「最初はインドからパキスタンへ入って
 違う国へ行く予定だったんだけれども
 パキスタンが危ないって聞いたから、計画を変更。
 南アフリカへ行ったんですの、敬具。」

「…イスラエルに家族や友達はいるか?」

「いません!!」

(ここでうっかり「いる。」と答えるとパスポートにスタンプ確定、らしい。)


「これからどこへ行く?」

「バスでエルサレムのラムセスホステルへ。」

「バスは解っているか?宿の予約は?」

「バスはこれから調べて、宿は予約してないので
 行ってから空きがあるか聞きます、はい。」

「…バスは15番。これで終了行って良し!」

「はい、よろんでー!」

つって何とかクリア。
スタンプも別紙にゲット。

続く、くりくり。

新パスポートのおかげか、あっさりクリア。

前のパスポートであったら
約100カ国分のスタンプがあったので、いろいろ面倒があったかも知れない。
もちろん、パキスタンビザもあるし。
それらいちいち質問されてそれに答えていたら、日が暮れる。

なんとかイミグレを出るとすでに、16:00近く。

↓イミグレ出た所の海岸。
a0259756_22340221.jpg
a0259756_22334252.jpg


ジリジリと照り焼きになりつつ、1時間ほどバス停で待ち、
緑の15番バスに乗り、エイラット市内のバス停へ移動。(1人4.7NIS)

a0259756_22415099.jpg
a0259756_22415309.jpg


チケットカウンターでエルサレム行きバスを確認。

んがしかし。

すでに10分前に最後の便が出た、との事。

取り急ぎ、イスラエル初虚脱。

するも、聞けば、深夜1:00にテルアビブ行きがあり
それでテルアビブへ移動、朝5:00頃に到着するので
そこで、エルサレム行きの始発に乗るのが一番早い。

との事。

てなわけで。

そのプランに変更。

バスチケット購入(78NlS)

して、ここで。

くりくりが以前、イスラエルに来た時にお世話になったMさん。
この方に電話。
今、エイラットに住んでおり、今回、事前にメールで連絡。
エイラットはただ抜けるだけだったんだけれども
もし、時間が出来たら会う話になっていた。

連絡が取れ、Mさんのお宅にちょこっと、お邪魔させてもらう事に。

バス停からタクシーで移動、しようと思って、交渉。

最初25。

次20。

ちょい高い。
しかも荷物代というのがある。

2台目のタクシーと交渉中。

18に下がった瞬間。

くりくり、たまたま目があったおねいさんをゲット。

と、いうのは。

交渉中、くりくりがたまたま目が合ったおねいさん。
が、突然我々に声をかけてくる。

「どこ行きたいの?」

「ここです。」

「いいわ!乗って!」

なんだかいきなり狙ってもいなかったヒッチ成功。

ビジネスを奪われ、あっけにとられるタクシードライバー。

ごめん。

と思い、おねいさんの車に乗車。

タクシー運転手怒。

そりゃそうだ。

その親切なおねいさんに乗せてもらい、待ち合わせの場所へ。

道中、日本の友達がいて、日本が好きだという。

なんだか、その友達という人に感謝しておこうと思う。

イスラエル人ってあんまり良い話聞かない、
し、実際「えぇぇ!?!?」って飽きれる事とかもあったので
良いイメージがなかったんだけれども、いきなり拍子抜け。

で、待ち合わせ場所で降ろしてもらう。

お礼を言っておねいさんと別れる。


事情を話す。

と、

Mさん爆笑。

「基本的に性格悪いイスラエル人でヒッチ出来るなんて
 ほんとラッキーだったねwww!」

と言われる。

Mさん宅にお邪魔。

いろいろの話を聞かせてもらう。

もう何十年もイスラエルに住んでいるMさんの話、とても興味深かった。

ぐるり、特に今回、パレスチナの分離壁がどうしても見たかった。
ので、パレスチナの現状を聞かせてもらえたのはかなり良かった。
イスラエルとパレスチナの現状。
良い方に進んでいるようで全く進んでいない。

これから先、エルサレムやいろいろな所で見る「いびつさ」の
根っこの所の話を聞かせてもらう。
分離壁の村にいる、ハイサムという人の話も聞かせてもらう。
本やメディアを通してでは解らない
そこに根を張って生活している人にしか解らない事。

夕方、近所のMさんの友人宅のBBQに参加。
言葉が解らないながらも、皆あたたかく迎えてくれた。

数時間でおいとまし、Mさん宅でまたいろいろの話。

0:00頃、Mさんの友人がタクシーを呼んでくれ、それに乗車。
見送りに出てくれたMさんにお礼を言って、バス停へ。(20NIS)

バス停に着くとすでに乗車開始している。

慌てて乗り込む。

たまげたのが、バス内、まさかのWi-Fiフリー。

エルサレム行き最終便、たった10分の遅れで逃したけれども
結果的に、そのおかげでとても意味のある時間が過ごせた。

バスに揺られ、爆睡。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ターバー → イスラエル入国

 パスポートのスタンプに関しては記事を見てください。
 我々とは逆のルート、イスラエル→エジプトへ抜ける人は
 特に注意しないと、スタンプ押されると、アフリカに入ってから苦労します。
 南下して行く場合、スーダンに入れなくなるので、ルートそのものを見直すか
 飛ばさないといけなくなります。
 
 イスラエル入国時の荷物検査は、話を聞くと人によっていろいろです。
 何時間もかけて調べられたり、我々のように割とさくっと通れたり。
 待たされたり、どうでも良い事をしつこく聞かれたり
 あからさまに失礼な態度とられても、我慢しましょう。
 こちらが熱くなって反抗的な態度をとれば、事態は更に悪くなるだけですし、おすし。

※ ボーダー → エイラット市内(約30分くらい)
  
  緑の15番バス 1人 4.7NIS(単位はシェケル)
  歩き方には16番とも書いてあるので、イミグレで確認してみてください。

  ボーダー出た所にバス停があるので、そこから乗る。
  んだけれども、我々は夕方近かったせいか、結構待ちました。
  さらに、西日ががんがん当たるうえに避ける所がないので軽めの灼熱地獄。
  
※ エイラット → テルアビブ(1人78NIS)
  
  エルサレム行き、17時くらいが最終でした。
  なので、すぐ抜けたい人は要注意。
  ちなみにバス、乗り心地良し。
  フリーWi-Fi飛んでおりました。


  
    

 

[PR]
by kurikurigururi | 2014-07-16 23:16 | イスラエル | Comments(0)

2012/09/06 「エジプト出国、サラバ、アフリカ大陸。」

宿を出、今度はいつ会えるか解らないZさんの顔を見てから
裏の幹線道路沿いを歩く。
(※この旅から帰国後、拙宅に遊びに来てくれました。)

バス停までのタクシーを拾う。(20Egp 多分10が相場)

10:30のエルサレムとの国境、タ—バ—行きバスチケット購入。
(25Egp&荷物代1)

エジプト滞在中、小腹減った時用に重宝したモルト。
ちっこいクロワッサンみたいなのが入っております。
a0259756_21302614.jpg

ほぼ時間通りに発。
さらば、ダハブ。

a0259756_21302903.jpg

欧米人旅行者の姿多し。

前の席のスウェーデン人女性と白人のおっちゃんが
楽しげに会話をしていると。
我々の後ろの席のエジプト人の若者。

「静かにしてくれませんかねぇ?」

と言う。

会話に水を差され、話は気まずい感じで一旦止む。
がしかし、また会話が始まり、さっきよりも声のトーンを落とし
控え目に会話する2人。
正直、全く気にならないレベル。

がしかし。

先のエジプト人。

再び、クレーム。

その直後、会話を止めた2人を見、1人ニヤニヤ。

気色悪。

なんでそんな嫌がらせをし、得意満面。
精神の汚濁を見る。

むしろ、自分のポテチを食している音の方がよっぽど気に障る。

なんだかみっともない、そういうの。

約3時間でボーダー近くのバス停着。

欧米人グループはタクシーでボーダ—まで移動すると言う。

我々は徒歩を選択。

「たった10ポンドだぞ?歩くの?」

等と驚かれる。

けれども。

ボーダーまで約1キロ。

カイロでの相場からみるとその距離の10は高い。

ので徒歩。

メインロードに出、右に進むとボーダー。
熱風の中、リゾートホテルの林立する道路沿いを歩く。
途中、この一画にあるヒルトンに勤務していると言うエジプト人と歩く。

ボーダー着、イミグレにて出国手続き。

ボーダーに入る際、デパーチャーフォームに添付する切手(収入印紙)
これを購入(1枚2Egp)

出国手続き、簡単に終了。

エジプトポンドをイスラエルシュケルに両替。
(越境後、イスラエル側でレート確認したところ
 エジプト側の方がレート良し。)

なんてな事していたら。

韓国人ツアー客、大挙して押し寄せていた。

急がねば!この団体と同じになったら時間かかるぞな、もし!

と思い、そそくさと越境。

くりくりぐるり、エジプト出国。

アフリカ大陸を後に、イスラエルへ。


↓結構居心地の良かった宿、雑景。
 つっても、昼はずっと出ていたし、夜はZさんとこに長居していたんだけれども。
a0259756_21295888.jpg
a0259756_21291725.jpg
a0259756_21291725.jpg
a0259756_21295158.jpg
a0259756_21302246.jpg
a0259756_21300386.jpg
a0259756_21300878.jpg
a0259756_21301745.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ ダハブ → タ—バ— バスチケット。
  25Egp & 荷物代1Egp

※ ボーダー
  フォームに貼る切手みたいなの購入。
  2Egp

※ Egp → Ils 両替

  エジプトポンドからシェケルへの両替
  両方で聞いたけれども、エジプト側でのレートの方が良かった。

  283Egp → 182Ils(2012年当時 1Ils 約0.64Egp)





[PR]
by kurikurigururi | 2014-07-09 21:49 | エジプト | Comments(0)

2012/09/05 「ダハブ、最後の夜。」

くりくり、調子悪し。
慣れないエアコンのせいか、声、椿鬼奴。

近くの食堂で朝食、というか最早昼食。
a0259756_07090109.jpg


再びまたたび、Zさんの所へ、旅のデータをもらいに行く。
3時間ほど過ごし、シュノーケルを借り、海へ。
a0259756_07121263.jpg

a0259756_07203597.jpg
a0259756_07215888.jpg
a0259756_07184154.jpg
a0259756_07181863.jpg
a0259756_07102018.jpg

まずイ—ル・ガーデンという所で潜ってみる。
サンゴ棚が海岸から続いていて、遠浅。
a0259756_07184951.jpg
この日、波が強く、潜るとサンゴに叩きつけられそうになる。

ので、

昨日と同じ所でトライ。

a0259756_07223810.jpg
a0259756_07222958.jpg
a0259756_07223580.jpg


カサゴ発見。

水中をピロピロ行く姿、いとをかし。

一時間ほど潜る。

宿でシャワーを浴び、夕食。

↓照明の関係で真っ赤だけれども、魚。うまし。
a0259756_07240823.jpg

その後、再び、Zさんの所でデータをもらう。

作業中、いろいろの話を聞く。
こだわりがある人の話を聞くのは面白い。
a0259756_07275501.jpg
宿までの帰り道。暗くなってからランプ屋本領発揮w
a0259756_07285749.jpg
a0259756_07275141.jpg
町の至る所にいる、いぬぬこ達。
a0259756_07301465.jpg

a0259756_07311235.jpg

a0259756_07305958.jpg
a0259756_07304371.jpg
a0259756_07305570.jpg
a0259756_07303471.jpg
そんなこんなでダハブ最後の夜、終了。

明日はイスラエルへ向かう予定。




[PR]
by kurikurigururi | 2014-07-09 07:34 | エジプト | Comments(0)

2012/09/04 「ダハブの町をちょらちょらと。※本日、猫増量中」

寒し。

近代文明の利器、エアコン恐るべし。

暑し。

一歩部屋を出ると、熱風。

この気温差がだるさを生む。

なんて、贅沢な事を思いつつ、朝食を探しに往来へ出る。

a0259756_23113732.jpg
a0259756_23080050.jpg

適当なレストランに入る。

a0259756_23064511.jpg


シュノーケルをレンタル。
(ファイティングカンガルーには無く裏の宿、セブンヘブンで1人10Egp)

海辺のシュノーケルポイントへ。

a0259756_23072135.jpg
a0259756_23071392.jpg
a0259756_23071037.jpg



サンゴの群生する浜辺から海に入る。
浅いと思っていたら、一気に深くなる。

色とりどりの魚が泳ぎ、足の下では
ダイビングの講習を受けているダイバー達。

浅瀬から深くなる、青のグラデーションに魅入られる。

ぐるり、水死体の様な有様でぷかぷかと浮かび続け
水中を見、アホの坂田風の動きで水中を移動。
まさか、自分がダイビングをしたくなるとは思っていなかったのに、
時間があればダイビングもしてみたかったと思う。
青色の向こう側に引き込まれていきそうな感覚になる。

泳ぎの苦手なくりくり、浜辺周辺で待機。
浅瀬付近で現地のエジプト人にお触り等され、ぷんすか。

ここのエジプト人、エロそうなのが多い。

女子は注意を。

一時間ちょい、水中を眺めた後、宿に戻り、後は町歩き。

さほど大きくない規模の町をちょらちょら歩く。

a0259756_23074513.jpg
a0259756_23075002.jpg

比較的、閑散としている、様に感じる。

旅行者の姿も少なく、閉店している店舗も多い。
オフシーズン?
それとも去年あたりのムバラク的な問題で観光客が減っているのか?
a0259756_23092364.jpg
a0259756_23091589.jpg
a0259756_23112552.jpg
a0259756_23114891.jpg
a0259756_23121240.jpg
a0259756_23120621.jpg

a0259756_23080535.jpg

a0259756_23081004.jpg
a0259756_23081451.jpg
a0259756_23081742.jpg
a0259756_23082455.jpg
a0259756_23082781.jpg
a0259756_23084150.jpg
a0259756_23084635.jpg
a0259756_23100981.jpg
a0259756_23101682.jpg
a0259756_23105471.jpg
a0259756_23085196.jpg
a0259756_23091589.jpg
道中出会ったインドネシアの若者達。
a0259756_23092954.jpg

土産物屋を一件ずつ見ていく。

「?」

どこの店舗も同じような物が置いてある。

というのは、こういう土産物通りでは珍しくない光景なんだけれども

何故か、タイやインド、バリなんかの雑貨を置いてある。

もちろんエジプトの物もあるけれども。

「リゾート」とか「バカンス」イメージの土産物。

とりあえず揃えてみました。

という感じ。

イメージ的には色が似ているから違和感はないし
知らなければ、ここの物とも思えなくもない。

コシャリ屋でコシャリ。
カイロのとはまた違う味。
a0259756_23122374.jpg

近くのチキン屋で猫と食事。

a0259756_23093490.jpg
a0259756_23093894.jpg
a0259756_23095659.jpg
うまし。

帰りしな、Zさんや他の日本人の方と話す。

宿に帰り、洗濯等。

くりくり、エアコンの冷風にやられ、風邪気味。

声、翼の折れたエンジェルくらいに、ハスキー。


※特典映像:今日のにゃんこ。
a0259756_23102652.jpg
a0259756_23100492.jpg
a0259756_23110546.jpg
a0259756_23111803.jpg




[PR]
by kurikurigururi | 2014-07-08 21:26 | エジプト | Comments(0)

2012/09/03 「恋が始まる町、ダハブ到着。恋っていうか、濃いですよ。」

猫達に別れを告げ、7:00頃チェックアウト。
後ろ髪を引かれつつ、宿を後にする。

往来でタクシー捕まえ、トルゴマーンへ(6)

バス乗車前、バックパックを預ける時、荷物代を請求される。(1人1Egp)
予想だけれども、これは完全におっさんの小遣い稼ぎと思われる。
最初、ちょっとそれはどうなの?
てな話をしたけれども、荷物に何かされたら嫌なので払っておく。

バス、ガンガンにエアコンが効いている。

そらもう、寒い位に。

寝不足気味でうつらうつらしつつ、バスは進み、約3時間後。

何故か突然、警察の荷物チェック。

一度バスを降り、乗客全員荷物を並べ、警察の犬君、登場。
くんかくんかしながら通過し、終了。

その後もちょいちょい警察のチェックがあり、停車する。

その都度、パスポートを見せる。
チケットを見せる、荷物をくんかくんかされる、等する。

何度もあるので「ああ、またか。」

と思い、パスポートを用意して待っていると
前方の座席2,3人のパスポートを見ただけで終了。

いったいなんだ?

さらに謎の停車、小1時間もあり、到着は19:00。

約3時間の遅れ。

バスのトランクから自分の荷物を取りだし、背負おうとすると。

手が、真っ黒。

「なんじゃこりゃぁっっ!!」

つってよくよく見ると。
我々の荷物をスペアタイヤの上に置いていた為
そこに着いていた油か何かが付着した模様。


「余計な金銭取ってこの仕事かいなぁ!んもうー!」


と、憤慨しつつも、宿行かねば。

と、タクシー交渉。

一緒のバスに乗っていた日本人の方とエジプト人と4人でシェア。
(1人5Egp)

これも若干ボリ気味の価格。
(バス停から宿周辺まで昼間なら歩ける距離。)




「恋が始まる町」




とか言われているダハブ。

このビーチ沿いの町で、多くの旅行者は
ダイビングのライセンスを取得したりするため、長期滞在する。
そこで生まれる恋。
そんな話をここに来るまでにちらほら聞いて来た。

最近よく聞く、ダハブの宿といえば、ここ。
という宿を一応見に行く。
これぁ、恋の1つや2つ始まるかも解らんね!
ってな、なんとなく若々しく、なんとなくあいのり的な雰囲気を感じ。

そこはよして。

裏側のファイティング・カンガルーにイン。(ツイン50Egp)
a0259756_23053370.jpg

a0259756_23053944.jpg
a0259756_23052632.jpg


なんとエアコン付き。
というか、ファンで充分なんだけれども
ファンの部屋は空きが無いとの事。

荷物置き、謎の黒い液体っていうか、たぶん油が溶けたアスファルト汁。
で、凌辱されたバックパックを処理。
それを背負う事で二次被害を受けたTシャツを脱ぎ、洗剤に漬け、夕飯に出る。

道中、くりくりの友人、Zさんの働いている宿に寄り、しばし話す。
ていうか、なんでZさんのいる宿に泊らんのか?
というのは、この宿はダイビングをやる人限定。
今回、我々はゆっくりできないので、違う宿に宿泊、という次第。

このZさん。

ここダハブでダイビングのインストラクターをしている。
(※2012年当時、今は別の所にいます。)

もともと、くりくりが以前旅していた時に知り合い
今まで縁が続いているうちの1人。
ぐるりは初対面。

2008年、イースター島でくりくりがZさんと出会う。
第一印象は、愛想が無く、団体行動が全く出来ない人。

2008年、次はワインの有名なアルゼンチンのメンドーサで再び会う。
夜、何人かで肉パーティをするという約束をしていたんだけれども
Zさんが来たのが、午前2時。

みたいな感じで、これだけ読むとアレだけれども
どこか気になる人というか、変わっている人(良い意味で)

だというくりくり。

んで、その後もいろいろな所でばったり遭遇したり。

それを聞いていて、興味をそそられるぐるり。

んで、実際に会ってみたところ。

「個性的」ってこういう人にあるべき言葉、だと思う。

旅中、いろいろな人に出会ったけれど
「自称個性的」な人はたくさんいた。
だけれども

「うわ!この人変だwww!」(注:褒め言葉)

という人はあまりいなかった。
そして、「歩く地球の歩き方」の異名はウワサ通りで
ルートの事とか、何か聞けばすぐにすらっと答えてくる。

くりくりやZさんの話を聞いていると
2008年頃はまだネットも充分に普及おらず
PCを持って旅している人なんてほとんどいなかった。

それがここ数年で一気に普及、旅ブログの乱立。
そんな背景があるからなのか、出会う旅人も変わってきたという。
数年前は、バックパッカーといえば何となく変人扱いだったし
実際良くも悪くもアクの強い人が多かったという。
最近は「ブログの為の旅」みたいな人がちらほら。
それが悪いんじゃないけれどもね。

ネットの普及で「旅」というものに出やすくなり
比較的、誰でも出ようと思えば旅に出られる状況ができた。
そんなこんなで、アンダーグラウンドなものだったバックパッカー旅が
割とポップな文化として浸透し始めている。

音楽でもなんでもそうだけれども、マイナーな物がメジャーのフィールドに浮かぶ時
そのアクの濃さというのは、できるだけ薄められる事で市民権を得る。
(※帰国した今現在、バックパッカー相手の旅ビジネスみたいなのが台頭してきている。
  それがいいのか悪いのかわからんけども。)

沢木耕太郎の深夜特急の頃に比べたら、相当旅しやすくなっているだろうし
こうやって旅というものが浸透していって、日本でも理解されやすくなっていけば
それはそれで良いなぁとは思う。
欧米のバカンス的な文化がうまく日本に溶け込んだり、とか。

Zさんは旅の中に生きている、というか旅が日常という感じで
生きていて呼吸するのと同じ位当たり前に、その中にいる感じ。

こういう人が旅人なんだなぁと思う。

Zさんは、濃いい。

くりくり曰く、会うとけちょんけちょんに言うし、おかしい人だけれど
今まで出会ったバックパッカーの中で尊敬できる人の一人。

との事。

そんなZさんと話した後、夕食。

これからしばらく魚が食せなくなるので少しく奮発。


↓魚介スープ
a0259756_23064128.jpg
↓サラダ
a0259756_23063539.jpg
↓フムス
a0259756_23060453.jpg
↓見た目残念だけど、メインの魚。うまし。
a0259756_23054403.jpg

宿へ戻り、イスラエルからトルコへ飛ぶチケット予約し、就寝。

↓ランプ屋は夜映える。
a0259756_23064734.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ファイティング•カンガルー

 ツイン 50Egp
 キッチン有り。
 Wi-fi有り。
 
 室内シャワー、トイレ。
 ファンの部屋もあってそっちが良かったけど、満室だった。
 エアコンはかなり効きます。
 暑さでへばってたら、たまにはいいかも。


 


[PR]
by kurikurigururi | 2014-07-06 23:40 | エジプト | Comments(0)