<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012/11/19 「チェコ入国〜テルチ→チェスキーふふふふふん。」

約2時間でチェコ入国、ブルノ着。
ブルノ停車場から、ショッピングセンター内を歩き、バス停へ。
ショッピングセンター内のATMでチェコの通貨「コルナ」を工面。

メインバスターミナルでテルチ行きチケット購入。
バス停のおばちゃん、親切丁寧。
会話はあまり通じないけれど、聞きたい事を的確にとらえて
こちらが聞きたかった事を紙に書いてくれる。
そして、バス停、まさかのフリーWi−Fi有り。

2時間ほど時間が空いたので、ショッピングセンター内でメシ等。
a0259756_21343730.jpg
a0259756_21295859.jpg
a0259756_21343390.jpg

13:30バス停発。
2時間ほどでテルチに到着。
テルチのバス停兼駅に荷物預け、町へちょらちょら歩き出す。

こじんまりとしたなかなか可愛い町。
がしかし、曇りよのう。
a0259756_21305136.jpg
a0259756_21305933.jpg
a0259756_21311660.jpg
a0259756_21302677.jpg
広場の周りにこんな感じのパステルカラーの家が並ぶ。
a0259756_21302359.jpg
a0259756_21312923.jpg
寒さに負けず、意気揚々と泳ぐカモのみなさん。
a0259756_21312522.jpg
水彩画にありそうな風景。
a0259756_21313621.jpg
a0259756_21321258.jpg
a0259756_21315767.jpg
a0259756_21321701.jpg
a0259756_21322057.jpg
全戸、ルネッサンス時代の趣を残すように改築しているんだとか。
町全体で1つのトーンに統一するっていうのはすごく良いと思う。
街の景観も観光資源の1つだと思うし。

暗くなりかけていたので、そそと見て回り、駅近くの商店で自炊用の食材購入。

チェスキー•クルムロフ行きをバス停内で待つ。
a0259756_21323288.jpg
待合室はこんな感じ。人が少なかった。
a0259756_21330118.jpg
さて、本日の最終目的地はチェスキー•クロムルフ。
まずはチェスキー・ブディェヨヴィツェを目指す。

「ブディェヨヴィツェ」

非常に馴染みの無い響き。
なかなかすんなり発音できず、チェスキー•ブデふふふふふん」
と後半をハミング的にごまかしてみたりもしつつ
18:30、無事、チェスキー・ブディェヨヴィツェ行きに乗車。
2時間程で着。

次のチェスキー・クロムルフ行きまで30分程待つ。

無事に乗れ、45分程で着。

宿まで川沿いに歩く。

a0259756_21330702.jpg
a0259756_21331394.jpg
a0259756_21331613.jpg
a0259756_21334326.jpg
a0259756_21335021.jpg
a0259756_21332602.jpg
居心地の良さそうな、良い宿。
さらに今日はドミ、貸し切り。

洗濯などし、就寝。
やっと、ひと心地。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Hostel 99
99に泊まるのであれば、終点の1つ手前で下車。
8人ドミ 1人250Kc

ブルノ → テルチ
ここも記録が曖昧。
この辺り、荷物代かかります。

テルチ → チェスキー•ブディェヨヴィツェ
1人 99Kc 荷物代10Kc 約2時間

チェスキー•ブディェヨヴィツェ → チェスキー•クロムルフ
1人 32Kc 荷物代5Kc 約45分



[PR]
by kurikurigururi | 2016-01-29 12:15 | チェコ | Comments(0)

2012/11/19 「出国、オーストリア」

6:00起床。
U3メトロでユーロラインのバス乗り場へ向かう。

で、着いたのは。

道端。

a0259756_21295262.jpg
メトロの駅を降りて、立体交差をくぐり、左の赤い看板の下辺りの道端。
a0259756_21284020.jpg
待っていると、ユーロラインのバスが颯爽と現れ
我らを拾い、一路チェコのブルノへ向かう。

バス内、コーヒーが無料で飲めた。
ありがたし。

くりくりぐるり、オーストリアを出、チェコへ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ウィーン → ブルノ
ユーロラインで移動したんだけれども
この辺りの価格が記録が曖昧なので割愛。




[PR]
by kurikurigururi | 2016-01-28 21:52 | オーストリア | Comments(0)

2012/11/18 「生オケとレオポルド」

朝一でチェックアウト。
久々に泊った事を後悔した宿だった。

次の予約してあった宿、ウォンバットへ向かう。
ちょらりふらりと、歩いて10分程で着。
a0259756_22403376.jpg
その様、まさにビジネスホテルの如き。
取りあえず、荷物だけ預かってもらい、オーケストラを観に向かう。
a0259756_22522904.jpg
ぐるり、大好きなCONVERGEのポスターを発見し
しばし凝視&ライブの日程確認。
がしかし、旅の行程とのタイミングが合わなそうで断念。
a0259756_22435374.jpg
途中、見かけた寿司屋。
a0259756_22415138.jpg
柑橘系にぎり。
意味解らんし、なにより高い。
a0259756_22414694.jpg
途中、パンなど購入、もむもむとこれを食す。
a0259756_22535004.jpg
a0259756_22535300.jpg
ちんあなご的なパン。
a0259756_22535544.jpg
日曜日だからか、恐ろしく閑散としている。
ヨーロッパ圏、日曜祝日は休むとは聞いていたけれども
こんなに潔く休むとは。
a0259756_22541397.jpg
a0259756_22540247.jpg
a0259756_22540673.jpg
少しく迷いながらも、なんとか間に合う。

立ち見席にて観賞。

指揮者はなんでも、小澤征二の代役を務めた人らしい。

音の繊細さに、連れて行かれそうになる。

これが生オケか。

がしかし、音の世界にどっぷりとは浸かっていられず。
蓄積している疲労と慢性的な寝不足由来の
ノビタミン(眠気成分の意)の分泌が脳内で促され
気持ちよく寝落ちしそうになる。

激烈な睡魔と戦いつつ、音の心地よさに恍惚としつつ

「自分、船なんかこいでないっス!音にノッてるだけっス!」

みたいな小芝居もしつつ、なんとか最後まで見る。

本当にき持ち良かった。

だのに、演奏中、どこかで二度ほど携帯が鳴る。

近くのスパーでカレー。
見た目はアレだけど普通。
a0259756_22541840.jpg
チェリーのパイも。
a0259756_22542200.jpg
続いて、レオポルド美術館へ。
クリムトの絵がドビンと。
a0259756_22553441.jpg
a0259756_22544239.jpg
a0259756_22544239.jpg
a0259756_22552868.jpg
んで、街中を歩いていて見かけ
半笑っていたポスター。
↓の右上の一枚。
a0259756_22551331.jpg
「レオポルド秋のち○こ祭り」
みたいな展示が催されており
そのブースはまさにちんすこう一色。
割と、どストレートなのが多かったので
優しい感じのを2枚程。
a0259756_22543631.jpg
a0259756_22543061.jpg
もう一度、スパーに寄り、シュテファン寺院をチラ見し、宿に戻る。
a0259756_22531150.jpg
a0259756_22482843.jpg
ウォンバットは
もう、安宿の領域を越えている。
a0259756_22400717.jpg
共同キッチンへ。
a0259756_22402081.jpg
料理教室的な空間。
a0259756_22401220.jpg
共有スペース。
a0259756_22402829.jpg
「深夜クラブ」的な空間。
※ ビバヒルに出てくるクラブ。
a0259756_22403685.jpg
ドミ。
a0259756_22400398.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※Wombat's City Hostel
ドミ 1人 12€
ちょっとしたビジネスホテルみたいな感じ。
前日までの宿がアレだったのを差し引いても
かなりきれいだし、スタッフも親切だった。
ただ、規模がでかすぎて落ち着かないw

※オーケストラ観賞時、荷物預かり
1人 2.5€




[PR]
by kurikurigururi | 2016-01-21 22:55 | オーストリア | Comments(0)

2012/11/17 「ウィーンで君に、出逢えた奇跡。」

一旦チェックアウトし、4人ドミへ移り、街へ。
a0259756_07444964.jpg
今日は土曜で、街中は店の閉まるのが早いらしい。
こういうとこ、日本と違うなぁとしみじみ思う。
観光都市なんて、土日といえば稼ぎ時。
なのに休むの?
とかと思ってしまうのが、日本人の感覚なのか。
むしろ「土日だもの、休みますわ!俄然!」
なのが、こっちの人々の感覚なんだろう。

さて、美術館は明日にして、取り急ぎザッハトルテとカツを目指す。
まずはカツの老舗、フィグルミュラー。
a0259756_22594989.jpg
入り口には「有名なあの人もここに!」コーナー。
a0259756_23001408.jpg
メニュー。
a0259756_23005065.jpg
かなり混んでいて、すぐに入れない人も。
a0259756_23011662.jpg
a0259756_23010373.jpg
カツ。()
確かにでかい。
これをうまうまと食す。
も、手ひどくもたれる。
a0259756_22590587.jpg
「ナイスフィニッシュ!」

とか店員さんに言われながら店を後に。

で、ザッハトルテ。
ホテル•ザッハーの一階のザッハーへ。。
a0259756_23160834.jpg
a0259756_07442455.jpg
a0259756_07453290.jpg
甘い。
うまし。
持ち帰りの人は木箱に入れてくれるらしい。
別料金だけど。
a0259756_07455327.jpg
揚げ物をうまうまと食し
間髪入れずに甘いのを胃にぶち込む。
という、割と破廉恥な行為のせいで
胃がもたれ、超絶におねむ。
ちょっともう、横になりたい。
というダメな感じになりつつも。
街中ちょらちょら。

動物愛護の団体が、毛皮の店を包囲し
激しく糺弾している所に遭遇したりしつつ
夕方、オペラハウスにて、オペラの立ち見チケットゲット
しかるのち、鑑賞。
演目は椿姫。
a0259756_08075490.jpg
帰路、宿への道をちょらちょら歩いていると...。

a0259756_08105799.jpg
「柴っ!?!?!?!?」

と、思わず屁こいちゃうくらい驚愕。

ウィーンの街を柴犬を連れて歩いているおねいさんに話しかける。
そう、ちょっとはしたないレベルのテンションで。
なんでも、日本犬を飼うのが夢だったらしい。
で、この子の名は「フロウ」なんだとか。
a0259756_08105159.jpg
先を急ぎたがるフロウをなだめつつ
おねいさんと少しく話し、フロウを愛でる。
小さくなっていくマダムとフロウを
見えなくなるまで見送る。
a0259756_08105407.jpg
石畳の街並に柴犬。
なんという違和感。
がしかし、日本を出てから
柴犬に出会う機会があるとは思わなかった。

ほっこりにまにましつつ宿に着く。
4人ドミ、狭し。

カツよりザッハトルテよりオペラより
柴犬に全てを持っていかれたウィーンの1日。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※オペラチケット
1人 3€
Tシャツとか小汚い格好だと
場違いすぎて自分がキツくなってくるので
それなりに綺麗目な格好で行くのが吉。
襟必須でもないけどあると良いと思うので
襟が無ければ、紙で襟を自作して行きましょう。




[PR]
by kurikurigururi | 2016-01-16 07:32 | オーストリア | Comments(0)