タグ:ゲストハウス ( 104 ) タグの人気記事

2012/03/10 (ベトナム)

中国、河口からベトナム、ラオカイへ

ぐるり、人生初、越境@陸路。

橋を渡る、それだけで言語も通貨も文化も変わる。
不思議な体験。

元からドンへ。

中国語からベトナム語へ。

水餃子から生春巻へ。

越境手続きを済ませ、イミグレーションを出る。

と、

フリーの両替屋がうんこさんに群がるハエの様に集まってくる。

や、我々がうんこさんとかそういう話ではなく、例えの話。

レートを聞く。

イミグレ―ション内の両替所よりずいぶん良い。

本当は昼頃には、河口・ラオカイに到着しているはずだったので
銀行で両替などを済ます予定だった。

こちらの銀行もすでに店閉い。

とにかく、これからサパという町まで移動しなければならない。
ドル払いもできるけれども、ドンも用意しておきたい。
時、すでに夕刻。

400元を1280000ドンへ両替することを決意。

両替屋に手渡された金額を確認。

1208000ドン。

80000ドン札を8000ドン札で
しれっと渡してくる。


勿論、指摘。

「え?何が?」(にやにや)

的、スットボケ顔。

再度、指摘。

「え?何が?だって8じゃん?」(にやにや)

「ゼロが足りませんよぅ!もうよいです!
 あなたには絶望しました!」

最初の両替屋に見切りをつけ
違う両替屋へ。

400元を1280000ドンへ両替。

両替屋の手渡す金額を確認。

1208000ドン。

80000ドン札を8000ドン札で
しれっと渡してくる。


勿論、指摘。

「え?何が?」(にやにや)

的、スットボケ顔。

再度、指摘。

「え?何が?だって8じゃん?」(にやにや)

「ゼロが足りませんよぅ!」

「え?だってほら…」(にやにや)
(ゼロを指差し、数え、足りないゼロの分をふわっとごまかそうとする)

「だからゼロ1個足りないんだってば!」

「いやいや、ほらよく見て!8って書いてあるじゃん?」(にやにや)

あまりのしつこさと、人を食ったにやにやに、激怒。





「もう恋なんてしない
なんて言わねぇよ!
 絶対!!」
(*台詞は差し替えてあります。)







「ああ…じゃあ…はい。」(にやにや)

やっと80000ドン札を渡してくる。

「なんだ…この国?」

ぐるり、中国とのギャップに困惑。
おまけに慢性的なインフレ状態のベトナム。
通貨の単位がいきなり跳ね上がる。

旅経験のあるくりくりが、札を1枚1枚確認していなかったら
簡単に騙されていたかもしれない。

「ベトナム人すべてではないけれども
 観光客ズレした現地人は
 こういうこと平気でしてくるから気をつけるように」

と、くりくり。

潜在的な不信感が生まれる。

サパ行きバス乗り場までダッシュ。
ぐるり、くりくりのバックパックも持って走る。

往来を行くトゥクトゥクが冷やかしながら声をかけてくる。

先の件でむかついていたぐるり。

「意地でも乗らんわ!日本人なめんな!」

という、至極無駄なナショナリズムを発揮。
最早、おっさんの領域にある体を酷使、ダッシュ。



していると。



こちらに呼びかけながら
走る車の窓から身を乗り出し、手を振る姿。




















タイのおばちゃんズ、再び。










「このツアーバス(ミニバン)をチャーターして
 これからサパへ向かうから、あなた達も乗りなさい。
 このバス、3ドル(約6000ドン)よ!」


との事。

事前に下調べをしていたくりくり。
サパまでは5000ドンのはず、と思い、躊躇するも、乗車。

空いていた席にちょもん、と乗せてもらう。
発車数分後、停車。
運転手、添乗員が

「10ミニッツ!10ミニッツ!」

と言いながら
「飯食ってくるね!」
というジェスチャーをし、近くの食堂へ。

タイのおばちゃん達ぷんすか。

おそらく、すぐにサパへ行く約束。
だったはずなのに、いきなり停車。

停車中、おばちゃん達
くりくりに

「このレートでだったら割がいいから、両替やっときなさいね」

てな事を教えてくれる。
その他、お菓子をくれる。
おばちゃん、どこの国でも変わらないものだと思う。

運転手、10分を大幅に過ぎた頃、別の客を連れて戻る。
できるだけ客を乗せて戻りたい、なぜなら稼げるから。
解る、解るけどもさ。

添乗員、満面の笑みで民族衣装を着たおばあちゃんを乗せる。
がしかし、すでに席が無い。
おばあちゃん、ぐるりの横に自分の荷物を置き、その上に座る。

と、いきなりドアが開く。

おばあちゃん、落ちそうになる。
ぐるり、おばあちゃんの肩を抱いて支える。
も、恋は生まれず。

添乗員がいきなり、おばあちゃんを乱暴に降ろす。
何が起きたのか解らずにいると、添乗員満面の笑みで
身なりの良い若者をおばあちゃんの代わりに乗車させる。

こちらの方が払いが良いからか?

ぐるり、先の不信感が更に深まる。

サパへ向かう車中。
その添乗員(若干酒臭し)が

「自分も座りたいからもっとつめてー」

なんてな事を言ってくるが
我々含め、タイのおばちゃん達激怒。
その都度








「ノーーー!!!」







「その人絶対に座らせちゃだめ。」

という空気に負け、添乗員、諦める。
そらそうだ、定員以上乗せたのは自分達。
自業自得。

約2時間後。

サパ、着、濃霧、肌寒い。

a0259756_17252431.jpg


観光客多し。
町の人口の大半が観光客なのでは…と思う。

おばちゃん達、我々の宿の心配もしてくれ
良いところが見つからなかったらここに来なさい。
と、宿泊先を教えてくれる。


タイのおばちゃん達に深く感謝し別れる。


疲れていたこともあり
一番最初に部屋を見た宿にイン。
(おばちゃん達の宿は予算オーバー)


ソンハゲストハウス
(250000ドン(約12$)を200000ドン(約10$)にディスカウント)


a0259756_1725582.jpg



この宿に泊まっていた日本人の女性に
ラオカイからサパまでの金額を聞いてみる。

8000ドン。

不信感さらに深まる。

宿、エアコン付。

がしかし、10ドルにディスカウントしたので使用不可。
お湯シャワーも出る、との事だったのが数分で水に。
1度使うとお湯が貯まるまでしばらくダメなタイプ。
くりくり使用時、すでに水シャワー。

宿に荷物を置き夕飯へ。

宿から少し離れたアシモというところに入る。

フライドライス
ベジタブルフォー注文。

微妙。
フォーの麺が固まっていた。

宿に戻る。

明日、バクハで開かれる花モン族の日曜市
ここへののツアーに参加するかと聞かれる。

参加する旨を伝え、1:30過ぎ就寝。

何故かタイの好感度が上がった、ベトナム初日、終了。



a0259756_1726374.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-04-06 17:15 | ベトナム | Comments(4)

2012/03/02

朝、チェックアウトしにレセプションへ行くと
昨晩の女子2人は1人のおっさんに姿を変えていた。
チェックイン時に支払った
デポジット(補償金)を返金してもらい
5:30頃、宿を出る。

駅までのバスに乗ろうとするも、目当てのバスが来ない。
少し歩いて、タクシーを捕まえる。

中国に入って判ったこと。

宿や大きな施設はともかく
簡単な英語でも通じない事が多く
混乱したのが


バス=汽車

列車=火車


ドライバーに筆談と身振り手振りで
駅へ行ってくれるように頼む。
駅の改札真ん前で降ろしてくれる。
11元。

アモイ行きの列車

中国版新幹線CHR

ちょっと前に事故してたあれ。
違う路線だし大丈夫なはず。

車内はかなりきれいで、振動もなく快適。
さらにカップラーメンやお茶用の熱湯の出る設備も完備。
車内を常にモップを持った添乗員が清掃している。

a0259756_14384.jpg


昼にカップラーメン食す。

よく、日本の電車はみな黙って携帯をいじっている。
なんてな事が言われるけれども、中国も同じだった。
ほとんどの人がスマホ所持。
ただ日本と違うのは、ヘッドフォンを使用しない。
耳の近くで好みの音楽を鳴らしながら、恍惚。
大音量でゲーム、大音量で鳴る着うた。

約7時間で終点アモイ北駅、14時に着。

中国の情報を提供してくれたMさんが

「アモイ北駅は中心地から遠い」

と教えてくれたのに「北駅に着」してしまう。

アモイ北駅、無駄にでかし。

a0259756_1614100.jpg


人、CHRの乗客以外に無し。
気温、暑し。
ヤシの木が生えている。

次の宿を目指す。
バスに揺られること、約40分。
宿付近に着、すんなり場所が判り、チェックイン。

厦门国際青年旅舎

a0259756_127492.jpg


空きは6人部屋のドミトリーのみ。
1人1泊 45元(YHA会員価格 その場で入会してもOKだった)

ぐるり、初ドミ。
同室になったのは中国人の若者男女4人。

荷物を置いて、周辺散策。
大学近くとのことで若者多し。
こじんまりしていてよい感じ。

路上でおばちゃんが売っていた
お好み焼き様のものを食す。
おばちゃん、
衛生のためかビニール手袋着用した右手で調理。
最後に袋に入れる時、素手でイン。
意味は。

地元の人が集まっている食堂で食事。
注文システムがいまいちわからず、困惑。
どうも、おかずを注文し、米を自主的に盛る。
ということだと解釈し、米を盛り、席で待つ。
うまし。
約15元。
食事中、普通に頼んで待っていれば米も持ってきてくれる。
ということが判明。
いきなり米を盛り、席で阿呆の様にお菜を待っていた我々。


少し照れる。


宿に戻り、翌日に向かう「永定」への移動手段を確認。
ここでもスタッフが親切に対応してくれる。
永定行きのバス乗り場、そこへ向かうバスへの乗り方。
細かく教えてくれる。

その後、中心地の「アモイ駅」までバスで行ってみる。
駅周辺は恐ろしく華やか。
ネオンと外資系企業の看板が輝き、人の群れ。
バスの中で、小学生くらいの子が
おばあちゃんが乗ってきたのを見て
黙って席を立って譲っているのを見て微笑ましくなる。
マクドナルドのご当地メニューを食してみたくも
それ一つで宿代の半額、自重。

再び、宿周辺に戻り
昼間、人だかりができていた屋台へ。

いろいろな食材が並んでいて、好みの食材を選ぶ。
すると、それを調理してくれるとのこと。
適当に選んでみる。
おばちゃん、ちょっとまけてくれる。
10元。
うまし。

宿に戻り、共有スペースでメールチェック等。
アクセスできないサイト、検索でブロックされるワード有り。
噂には聞いていた事を体験。
アモイ、台湾の目と鼻の先であり、政治的なものを感じる。

日本人の宿泊客に声をかけられる。
中国語習得のため語学留学しているとのこと。

部屋に戻り、就寝
[PR]
by kurikurigururi | 2012-03-21 01:02 | 中国 | Comments(2)

2012/02/29

朝6:30起床、雪。

8:30出発の茨城空港行きバスに乗るため東京駅に向かう。

東京駅構内で若干迷う。

田舎者専用通路として「あぜ道」の設置を強く望みながらも無事バスに辿り着く。

約二時間で空港到着。

「笑ってはいけない」の舞台になった所、ということで感慨深い。


a0259756_1474748.jpg



日本の家電製品を買い、帰国すると思われる中国人多し。

13:20、上海に向けて出発。

ぐるり、人生発フライト。

滑走路でGを感じながら 「飛行機…力技だな…」 と思う。

一方、何度も飛行機を経験しているのに苦手なくりくり、顔、こわばり無言。


約三時間で上海着、曇天、雨。


飛行機から空港建物へ移動するバスの運転が荒い、路面でこぼこ。

空港の路面てもっと整備されているもんじゃないかと思う。

空港内でイミグレーションカード記入。

この場所、なぜか酢っ臭し。

現地通貨「元」をATMで引き出した後

最初の目的地 「杭州市」 行きのバスを探し空港内を右往左往。

無事、16:00頃発の杭州行きバスに乗る。

移動中、夜なのと雨で窓が曇っているので全く外見えず。

約三時間後、杭州着。

バスターミナルでもない、街中のただの道端で降ろされる。





a0259756_15175.jpg





「どこですか…ここは…?」





虚脱寸前の精神を何とか奮い立たせ
建物の住所や通りの名前を頼りに
地図とコンパスで現在地を割り出す。
とりあえず目的の宿がある西湖周辺を目指して小雨の中ひたすら歩く。
途中、屋台様の店で何麺かわからない麺を食す、うまし。

街を歩いていて、欧米企業の店舗が目につく。
「今、中国がぐんぐんにきてる。」
という話を実際にまじまじと見た気がする。
豊かさの波が押し寄せている感じ。
日本のバブルの時もこんな感じだったんだろうか?
豊かさを思いっきり謳歌できる20~30代の若者達を見ていて思う。
ただ、その一方で、路地裏には物乞いのおばあちゃんやおっさんもいるし
豊かさの波に乗り切れない貧困の臭いがした。

親切な店の店員や現地の若者の助けを借りながら
約二時間歩きまわり、なんとか目的のユースホステルへ。
ようやく、バックパックの重さから解放される。

YHA 杭州国際青年旅舎
プロモーションルームという部屋にイン。
(一泊130元、二泊目は週末のため135元)
シャワー、トイレ共同。


a0259756_1551348.jpg



とりあえずひと心地。

予想より、はるかに良い部屋。
お湯シャワーが出るのが嬉しい。
お茶を飲む文化の国だからか、お湯飲み放題。
茶葉があればお茶も飲める。
明日は、朝一で杭州駅へ行き、アモイ行きの列車の時刻確認。

二人とも、爆睡。
[PR]
by kurikurigururi | 2012-03-19 01:22 | 中国 | Comments(0)

2012/02/27

朝5:00発のバスで東京へ出発。

渋滞のため、一時間遅れの9:00、新宿到着。

コインロッカーにバックパックを預け、広尾のパキスタン大使館へ。

田舎力を発揮し、地下鉄で軽く迷子。

事前に電話で問い合わせていたくりくりが


「ものすごい事務的で怖い」


と言っていた受付のおねいさん。

やはり事務的。

がしかし、その理由判明。

ビザ関連の来客やその他来客、電話の対応まで全て一人でこなしていた。

そりゃ事務的にもなるよね。

田舎者のわれわれに親切にいろいろ教えてくれる。

16:00~16:30の間にビザを受け取りに来るように言われ、再び新宿に戻る。

くりくりの親友、Kさんと愛娘のりなちゃんに会うため。

Kさんと2、3時間話す。

りなちゃんを見ていて

赤ちゃんが泣く直前にみせる表情がかわいいなぁと思う。

話の途中で、ぐるりのみビザを受け取りに広尾へ。

無事、ビザ入手。

現在、ネパール、インドではパキスタンのビザがとれないとのこと
行く予定のある人は日本でとっていくのが良いとのことですよ。ビザ代¥100



その頃、くりくりは渋谷へ。

なかなか東京へ行けない我々の代わりに

インドビザを代理申請してくれたMさんに会うため。

Mさん、本当にありがとうございます。

一方ぐるりは、新宿をあてもなくちょらちょら。

タリーズだと思って入ったらタリーズじゃなかった店で

「ただいまバータイムになっております。お席へご案内いたします。」

なんてなこと言われ、虚をつかれつつも

一杯¥530のカフェオレを一時間かけて飲みながら虚脱。

その後、くりくりと合流し、天一のラーメンを食し、宿のある浅草へ。

カオサンゲストハウス。

一泊一人¥2500

a0259756_035657.jpg


到着後、レセプションで酔ったおいさんに

「にいちゃん、結局はここよ!ここ!ここが大事なのよ!」

(↑胸に手を当てながら)

とハートが大事な話を、バックパックから解放されたい思いを抑え

15分ばかし立ったまま聞く。

部屋に入り、明日の予定を確認し就寝。
[PR]
by kurikurigururi | 2012-03-12 00:45 | 日本 | Comments(0)