タグ:タイ ( 14 ) タグの人気記事

2012/04/07 「タイ出国」

タイ最終日。

昼前、ピーチゲストハウスをチェックアウト。

した途端。

スタッフが冷たくなる。
バスの時間まで荷物を置かせてもらえないか聞いたところ。

「ここでエアポートバスのチケットを購入していなければ
 荷物預かりは有料」

と、能面の様な表情で言う。

基本的にどこのゲストハウスもOKしてくれるんだけれどもね。
なんだかな。
(*後でここはこういう所だと知る。)

エアポートバスを手配した所で
何とか荷物を預かってもらい、おねいさんの珈琲店へ。

最終日なので、くりくり一緒に写真撮影。
おねいさんの名前、フォンさんという名前だと教えてくれる。

その後、近くの屋台で昼飯。

ガッパオうまし。

a0259756_14463715.jpg


ネット屋で2時間ほど過ごし
16:00、空港へ。

空港でかし。

ビーマンバングラ、必ず遅れる、と聞いていた通り
掲示板に燦然と輝く

「DELAYED」の文字。


a0259756_14471024.jpg


22:50発。

チェックイン時、遅延の為
空港内の飲食店で使用可能な
「200Bクーポン」1人1枚配布。



 「 富 豪 」 の2文字が脳裏に浮かぶ。




毎食1人30B程度の予算でやってきた。
タイの食事、おいしい、安い
でもちょっと少ない、でも我慢。
してきた我々。





俄然、意気込む。






今日は腹いっぱい食す!ビバ!遅延!!






と、






思っていた我々の頬を張りたい。





と、






数時間後の我々は思っていた。




何故か。



空港内、飲食店の価格が激高だったからであり

「1人200B」では、1食分に少し足りない位。

悲しかった。

けれども、空港内では慶賀すべき出来事も。

これまでの道中、3度、偶然出会った旅行者。
Nさんと4度目の遭遇。
タイからインドへ行くと聞いていたので

「今頃はもうインドなのでは。」

この空港へ来る途中、話していたばかり。

更に、同じ長野県。

更に、同じ松本。

との事。

旅を始めて1カ月と少し。
こんなに早く、長野県民。
さらには松本市民の旅行者に出会うとは思ってもいなかった。


22:40頃、飛行機搭乗。
23:30頃、離陸。

機内、シーク教徒の一団と
バングラデシュエアラインのCA(平均年齢高め)
機内食の件でもめる。

ベジタリアン用のメニューが無いとの事。

着陸まで彼らは落ち着きなく騒ぎ続ける。
それをCAのおねいさん、改め、おばちゃんがいなす。
最初、何が起きたのか解らず
ターバンに髭の一団が騒ぎ始めたので

「まさか、アルカイダ的なアレか!?」

と肝を冷やす。

事態が飲み込め、ぐるり、隣のオーストラリア人と共に密かに爆笑。

彼曰く「クレイジーフライトだ!ハハハ!」

騒がしいフライト。

約2時間15分程でバングラ着。

情報のほとんど無いバングラデシュ、真夜中過ぎの到着。


さて、どうする?
[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-17 05:15 | タイ | Comments(0)

2012/04/06 「チャトゥチャック、カオサン、ちょらちょら散策」

7:00頃起床。
再び、セブンの20Bバーガー購入。
おねいさんの店で珈琲。

↓今日の漱石さん
a0259756_4251645.jpg


ダッカ→カトマンズ行きフライト、日付変更の為
ビーマンバングラデシュ、オフィスへ。

10:00前に着。

手続き、簡単に終了。

↓道中見かけた標識。初めて見た。
a0259756_4273282.jpg


そのまま、BTSでチョンノンシー駅からチャトゥチャック駅へ。

目的はチャトゥチャック公園近くのマーケット。

土日は恐ろしく混むらしく
また、基本は土日だけれども金曜でも営業している店舗も有り。
との事で行ってみる。

半分以上の店舗がまだ準備中、あるいは開店していない。
けれども、かなり面白そうな所だと思う。

数年前に来た時に見つけたという
くりくり、お気に入りの店。
これを探し、右往左往。

↓開店準備中の店舗に襲いかかる、かなりフライング気味のご婦人達。
a0259756_414197.jpg


↓銀色破廉恥。
a0259756_4165236.jpg


マーケット内の屋台で昼飯。

a0259756_4172281.jpg


うまし。

ガッパオうまし。

結局、目当ての店舗、解らず。

バスでカオサンへ戻る。
なぜか、この日、バス無料。

ネット屋で再び水1本購入、3時間ねばる。

夕方、近くのスーパーマーケット散策。

↓手乗り寿司。この大きさでこのパッケージは無駄が多いような…
a0259756_4193144.jpg


適当な屋台で夕飯。

普通。

なんだか物足りなく。
いつものNo.1食堂へ駆け込み一皿食す。
最初からここに来ておけばよかった。

くりくり、お気に入りの露店で
服、物色。

a0259756_422362.jpg


日本では旅の資金作りの為
めったに服を購入していなった反動で、1着購入。
セールで100B。
近くに来るたびに覗いていた為、店の兄ちゃんに覚えられる。

帰路、翌日の空港までのバスチケット購入(1人100B)

ここ数日、カオサン周辺に警官が多数出ていて
屋台や露店なども早々を店終いをしている。
あまりにも警官が多いので、何かあったのか
チケット屋の女子に聞くと

「王様のシスターが来るから警備が厳しい」

というような事らしい。

なるほど。

宿に戻り、荷物整理、パッキング。

してから就寝。

明日、タイ最後の日。

長く居すぎたような気もするし
まだ居たいような気もする。


↓おじいちゃん、背中で語る@カオサン
a0259756_4234913.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-17 04:34 | タイ | Comments(0)

2012/04/05 「なんとなしに、バーガー日和」

朝、前々から気になっていた
セブンイレブンの20Bチキンバーガー購入。

a0259756_3421249.jpg


レジでパンと中身を購入し
レジ横の野菜入れ放題、味つけ自由。
的なシステム。
おねいさんの店で珈琲とともに食す。

くりくり、ぐるり、別行動。

くりくり、足にあうサンダル探し
エアポートバス下調べ等。

ぐるり、宿に戻り、写真整理等。

昼過ぎに合流。

少しの間、部屋で過ごし、外出。

朝、バーガーを食したにも関わらず
何故か、ふらふらとマクドナルドへ。

初手からセットメニューの価格に心折られるも
踏ん張り、ハンバーガー単品注文(1人25B)

a0259756_3431356.jpg


周りはみな、セットものを誂えており、若干肩身が狭い。

ささ、と食す。

その様、社員が休憩行ってる間につまみ食いするバイトの如し。

マクドナルドを出、ネット屋へ。

バンコク、wi-fi、無線LAN等、全て有料。
安宿、ネット環境が無いところが多く
また、ネット使用は別料金というのが多し。
野良wi-fiも拾えず。
当然、ピーチゲストハウスもネットインフラ無し。
水1本購入、3時間粘る。
メールチェック、情報収集、ブログ更新等。

夕食に「うまい」と噂の

「マック君のかた焼きそば」

これを食べに行く。



結局、2人とも全く違うメニューを誂える。

a0259756_3493125.jpg


うまし。

シェイク、微妙。

宿へ向かう途中、多数の警官、往来に待機。
なにやら物々しい雰囲気。

宿にて、バングラデシュでのイランビザ取得について悩む。

バングラデシュでイランビザが比較的容易に取得できる。

との情報からバングラ行きを決め
滞在日数を多めにしたものの
ここにきて、近年はビザ取得が困難。
との情報。
滞在日数を短くする方向で検討。

どうなるバングラ。

と思いつつ、眠れぬ夜を過ごすことも無く、健やかに就寝。


↓タイドナルド。若干、目が逝き気味
a0259756_3435030.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-17 04:05 | タイ | Comments(0)

2012/04/04 「花舞う僧列」

朝一、再びワッタナーさんの10バーツラーメン。
超盛況。

「注文後、ワッタナーさんの横で待機するが吉。」

と、相席のミャンマー人が教えてくれる。

くりくり、席を確保。
ぐるり、ワッタナーさん横にて

「ここにいるよー。待っているよー。」

という思いを胸に
タイ人、インド人、日本人に混じり、佇む。

食後、いつものおねいさんの珈琲屋へ。

なかなか飲める環境に恵まれず
珈琲好きの人なら飲んでくれるはず、と思い。
日本から持ってきた珈琲豆をおねいさんに。

チェンマイ行きのバス手配でお世話になった旅行会社へ。
宿泊先の宿で頼んだ帰りのバス。
超絶に怪しかった旨を伝える。
いろいろ教えておいて貰い、感謝。

飛行機のチケットの件で
ビーマンバングラデシュのオフィスへ。
カオサンから15か47番のバスでサイアム駅へ。
そこでBTS に乗り、チョンノンシー駅へ。

13:30頃、ビーマンバングラオフィス着。
ダッカ→カトマンドゥ行きの飛行機の日付を1日遅らせる。

バングラデシュでイランビザの申請をし、
習得にかかる日数でバングラデシュ滞在日数を決める予定。

チョンノンシー駅からナショナルスタジアム駅へ。
MBKセンターなる場所でUSBメモリー購入。

a0259756_001392.jpg


↓日本のフィギュア。結構な値段で売られていた。
a0259756_015219.jpg



外に出る。

と、僧侶の列。

a0259756_035656.jpg


僧侶たちが赤い布の上を歩いてゆく。

人々はひざまずき、手を合わせながら、花びらを散らす。

a0259756_041662.jpg


街中のモニターを見る。
この模様がテレビ放送されている。

ソンクランの何かだろうか?

何か解らないけれども
とても重要な場面に遭遇したような気がする。

近くのショッピングセンター等を見る。
まるで日本の渋谷の様な感じ。

タイに少し滞在して思う。

街の発展の仕方が日本に似ている。

日本企業の進出が多いからなのかもしれないけれど
人々の気質も似ているような気がするし。
中国の開発、発展ぶりもすごかったけれど
中国の街並みのどこかに滲む

「消化しきれない感じ」 が、無い。

他国の文化や企業もタイという国の中に
きちんと消化して取り込んでいる感じがする。

そして、そんな発展開発されていても
街中に残されている寺院や巨木、
コンビニ前で商う果物や食べ物の屋台。
一本路地を入ると軒を連ねる
様々な屋台群が健在な、タイ独特の街並み。

数年後はどんな街並みになっているのだろうか?

19:00過ぎ、バスでカオサンへ。

カオサン、いつものNo.1食堂で夕食。

a0259756_081680.jpg


付近の露店を見た後、宿へ。

↓ふと見かけた「タイ生まれ、ヒップホップ育ち」な感じのオブジェ。
a0259756_093889.jpg


↓ふと見かけたメタル系フェスのポスター。ちょっと観たかった。
a0259756_011122.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-16 23:46 | タイ | Comments(0)

2012/04/03 「バングラビザ、取得」

朝一、申請したビザ受け取りの為
バングラデシュ大使館へ向かう。

道中、いつものおねいさんの珈琲屋へ。
ぐるり、アイス・タイティー
くりくり、グリーンアップルパイナップルスムージー
うまし、やはりうまし。

おねいさん、バンコクで一番のマンゴー
「ロックマイ」を試食させてくれる。
うまし、口中で溶けてゆく。

そのまま、大使館へ向う途中
くりくり、暑さでいじれっぽくなり
マクドナルドでポテトMを購入。
しばし、店内で涼む。

a0259756_23205751.jpg


ボート乗り場から大使館付近へ移動。
13:30頃着。

受け取り15:30から。
2時間、大使館前で虚脱しつつ
バイクタクシーの運転手、バングラデシュのおいさんに
話しかけられ、おぼつかない会話で時をやり過ごす。

15:30、すんなりビザ取得。

再びボートで帰る。

何も食していなかったので
露店でイカの串焼き(10B)1本食す。
露店のにいちゃん、近くにいた猫に
気前よくイカ串1本贈呈、猫、無料。

NO.1食堂にて遅い昼食。

a0259756_23213420.jpg


うまし。

宿に戻り、2F、共同コンセント付近にて
パソコン、i-phone等の充電をしつつ、写真整理。

していると。

昨日のドレッド人、登場。
あの後、宿をここに決めたらしい。

「この前泊まっていたカオサンの宿は
 ドミで160Bだったけど、ここはダブルで160B!
 さらにファンまで付いてるなんて最高だね!
 カオサンはカオティック!!カオース!!ハハハー!」

てな感じで、ずいぶんとご機嫌なご様子。

写真整理後、隣の食堂でカオマンガイ食す(1人40B)

a0259756_23223063.jpg


うまし、けれども

これまた、量、少なし。

部屋に戻り、文明の利器。
エアーコンディショナー。

通称、エアコン。

その威力に涙溢るる。

この旅、初エアコン。
良いのか、こんな贅沢して。

就寝まで、ぐるり、遅れているブログ作業等。
くりくり、破れた備品の裁縫仕事。
杭州のユース以来の机完備。

ありがたい。

これで室内にコンセント有れば完璧。

くりくり、日付変更10分前、ぐるりの誕生日だと気づく。
コンビニでポテチ的な物&アイス購入。
祝いの品として、ぐるりに与える。

それら食し、就寝。

a0259756_2324775.jpg

↓内容量に対して明らかに多すぎるソース的な物2袋も付属。
a0259756_23242826.jpg


↓宿のうさぎ。終始、口もそもそさせていた。
a0259756_23274380.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-16 23:12 | タイ | Comments(0)

2012/04/02 「さよならチェンマイ→カオサン再び」

11:00チェックアウト。

バンコク行きバス、ピックアップ時刻まで
宿にバックパックを預け
近くのルートロットという店で朝食。

うまし。

少し量少なし。

チェンマイ、最後の日。

という事でそのまま気になっていた
「クイッティアーオ」という麺料理の店へ。

入店しチェンマイに来てから入手した
フリーペーパーを見せ

「これありますか?」

と聞いたところ、無し。

とりあえず、シェイク注文。

直後、全く違う店だと気づく。

目的の店、隣。

けれども、閉店もしくは開店前。

そのまま、散策。

↓ドラえもん
a0259756_4181972.jpg


↓その辺に普通に咲いていたプルメリア
a0259756_4185553.jpg


↓「不思議の島のフローネ」好きのくりくり。「この木に家を作って住みたい。」と鼻息荒く。
a0259756_422144.jpg


願い事を十倍にも千倍にもしてくれるという
プラパンタオ(千倍仏)のある寺院ワット・チュディ・ルアンへ。

昨晩、マーケット散策時にもライトアップされていた
ワット・チュディ・ルアンの崩壊美。
陽光の下で再認識。

a0259756_4121728.jpg


地震で崩壊してしまったのは残念だけれども
その荘厳さが、さらに強調されているように感じる。

a0259756_4103937.jpg


プラパンタオに願い事をした後、再び宿へ。

宿、隣のタイマッサージの店へ。

フットマッサージ(120B)
全身マッサージ(200B)

おばちゃん達とゆるい会話をしながら
至福の時を過ごす。
ここの飼い犬「ムッチ」(プードル、ぱっと見のシルエット、小ぶりのヤギ)
我々がマッサージを受けている横で、枕に頭を置き爆睡。

↓ムッチさん

a0259756_4172872.jpg


19:00頃。

宿にカオサン行きバスの乗客をピックアップする乗り合いタクシー、着。

おばちゃん、同じ宿の日本人の方々に別れのあいさつ。

19:30バス発車。
バンコクまで約12時間。

バス添乗員、初手から怪しい空気を醸す。

バックパックを車外のトランクではなく
車内、トイレ隣(通常は座席のある場所)
ここを、荷物置き場に改造した所へ収納。

バスの構造上、我々乗客の座席は2階にあり
この収納スペースは扉付き。
中に入れば、他の乗客からは見えない。
も、添乗員は運転席側から自由に出入りできる。

つまり、その気になれば、乗客の目に触れずに
到着までの間、自由に荷物を物色可能。

ちなみにバンコクの旅行会社で聞いた話では
バス会社ぐるみで盗難を行っている可能性があるとの事。

(盗難の届けがあると、盗難品の全額ではなく
 半額でならすぐに補償に応じる、ので怪しいと感じ
 そのバス会社を利用するのをやめたらしい。
 もちろん、全てのバスが盗難バスではないけれども。
 中にはそういう悪質なバス会社があるという事。)

いつも通り、貴重品は手元に。
預けた荷物も肝心なところは鍵をかけてあるものの
警戒心、ぐんぐんのぎんぎんのぶんぶん。

出発し3時間後、休憩。
念の為、バスのナンバーを控える。

以後、一度の休憩もなく、バンコク、カオサン通り付近に着。

乗客の荷物を放り出すように降ろし、逃げるようにバス、去る。

ますます怪しむ。

一応、すぐにそれぞれのバックパックの鍵、確認。
鍵の部分は開けられた様子無し。

欧米人の人々、鍵を付けていない人々、多し。
大丈夫だっただろうか?

カオサンの寺裏と呼ばれる地域、
ピーチゲストハウスを目指す。

15分ほど歩き、着。
ここにイン。

水購入の為、セブンイレブンへ。
チェンマイから同じバスだったドレットの白人に声をかけられる。

「部屋見つけた?」

と聞かれたので、ピーチへ連れていく。
我々は自分の部屋にチェックイン。

ダブル(200B 驚愕のエアコン、ファン付き)

就寝前、バックパック確認。
外側のファスナーの中に入れておいた

洗濯バサミ3個紛失。

V.I.Pに忘れてきたのか、はたまた盗難か?

盗難ならば…

何故、それを?
それを、何故?

そんなものを。

ではあるけれども
洗濯物を干す必須アイテム。
地味にキツイ。
ま、買えば良いんだけれども。

7:00頃、気絶するように就寝。
[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-15 04:19 | タイ | Comments(0)

2012/04/01 「汁だけちょうだい」

起床後、宿から少し離れた珈琲屋にて
しばしの虚脱。

↓珈琲屋
a0259756_304637.jpg



ぐるり、自転車返却後、宿にこもり、パソコン作業。
くりくり、気になる場所をちょらちょら。

夕方、合流。

日曜マーケットへ。

簡単に言うと、超巨大フリーマーケット。

歩行者天国と化した町が露店で埋め尽くされ
気になる物をちょこちょこ食しつつ、端から見物。

食べ物はじめ手芸品、工芸品、芸術品、骨董品
CD、DVD、楽器、おもちゃ、良く解らない一品。
等、多種多様な露店が軒を連ねる。

↓生絞りジュース屋
a0259756_2503616.jpg


↓なんだか良く解らないけど「練り物系」うまし。
a0259756_2515464.jpg


↓生春巻きの様なふにふに、うまし
a0259756_2531835.jpg


↓スパイラルポテチ、うまいけど食べずらし
a0259756_256660.jpg


↓誰か解らないけれども、周囲の反応から割と有名な人っぽし。
a0259756_364869.jpg



そうこうしているうちに。
マーケット終了間近。

マーケット物色開始後、一番最初に気になりつつも
帰る時に絶対に食そうと思い
楽しみにとっておいた
グリーンカレーに麺を入れて供する露店。

ここに寄る。

と。

今、まさに店終まいをし始めている。

わたわたしながら
おばちゃんに、終わりかどうか尋ねる。

「もう、麺が終わったので終う」 との由。

激烈に楽しみにしていた我々は人目もはばからず


「この鍋に残ったカレーだけでもいいですから!
 後生です!カレーだけでも!!カレーだけでも!!汁だけでも!」


等と、国辱レベルのおんじょこき。
(おんじょこく。方言だろうか?)

と、

おばちゃん、スチロール製カップに一杯。
わずかに残ったカレーの
その中から、さらに具を出来るだけすくい上げ、盛ってくれる。

「コップンカー!コップンカー!」(←ありがとう)

おばちゃんに感謝しつつ、代金を支払おうとする。

と、おばちゃん。




「いらないよー。汁、あげるよー。」




みたいな手振りで、どうぞどうぞする。

「え!?…コップンカー!コップンカー!」

再び感謝。

その後、カレー汁を恵んでもらった我々。
2人で一杯の汁をすすりつつ
これを最初に食さなかった事を激しく後悔。

何故か。

それはもう、激烈にうまかったから。

こういうグリーンカレー食べたかった。

我々の願望をピシャリと射抜く味。

a0259756_2594444.jpg



30半ば、タイの地で
カレーを恵んでもらうことになるとは。

恥ずかしいんだか、嬉しいんだか良く解らない。

23:00過ぎ、宿に戻り、0:00過ぎ、就寝。


↓マーケットで見かけたミスター関ヶ原

a0259756_324280.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-15 03:14 | タイ | Comments(2)

2012/03/31 「チェンマイ食し、猫愛で、夜市」

9:00頃宿を出、
再び散策、ひたすら散策、ちょらちょら散策。

この日、くりくりのキティちゃん自転車。
タイヤに無数のキティちゃんを発見。
子供さん大喜びな心配り、に半笑い。
何故、キティ。
と呼び捨てにできないのだろう。

a0259756_1234321.jpg


散策中、地元の小学生集団@通学中に遭遇。
ちびっこ用自転車で疾駆する日本人を指差し爆笑。

笑いたければ笑え。

と、自棄的な気持ちになる。

も、これをプラス思考で受け止め直す。

ポジティブ、ポジティブ。

…。

朝飯、カオ・マン・カイ、食す。

a0259756_1244482.jpg


うまし、量少なし。

量、少なし。

量、少なし。

量、少なし。

と、三回立て続けに思う程、量、少なし。

その後も、ひたすら街中をちょらつき

↓みやげ物屋
a0259756_1255959.jpg


↓ある店舗の店先にあった小噴水
a0259756_127553.jpg


↓書店
a0259756_1284816.jpg


↓河
a0259756_1301521.jpg


↓遅めの昼飯にカオ・ソーイ食す。早い話がカレーラーメン。

a0259756_130578.jpg


うまし。

最後、カレーの中に白米をぶち込みたくなる。

夕方、再び猫カフェへ。

a0259756_1322579.jpg


再び猫を愛で、得る、心の平安。

↓今日も獲物(主に人間)を待つ猫の背中
a0259756_133267.jpg

↓やり手
a0259756_1333466.jpg

↓中庭、石像、適当にほどよく設置
a0259756_134710.jpg
a0259756_1344821.jpg


夜、週末のナイトマーケットへ。

a0259756_1483096.jpg


通りにズラッと様々な露店が並ぶ。

往来の真中では様々なパフォーマンス。

はっは―ん、ほっほーん。

なんつって、興味深く各店舗を覗いている。


と。


おすしの屋台発見。

a0259756_1493238.jpg


食す。




「おすし?」




てな印象。

まずくはないけれども。

で、

提灯は…





うどん。


a0259756_150840.jpg


10:00頃、道に迷いながら宿に戻る。


↓散策中、センスいいなぁと感心した標識。

a0259756_151232.jpg


↓で。 直後に遭遇。

a0259756_1524643.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-14 01:53 | タイ | Comments(0)

2012/03/30 「チェンマイ駆けて、猫を愛で」

9:00頃、起床。

行動範囲拡大の為
この日、自転車を借りる。

日本人の人々と話し、聞いたところ
50Bでわりと良い自転車が借りられる、との事。

実際、往来を行きかう人々を見ていると
結構、程度の良いレンタサイクルに乗って移動している。

というわけで、ちょらちょら歩き貸自転車屋へ。

予算1台50B。

と、主人に伝え、ご提案されたマシン。



それがこちら。














a0259756_16314135.jpg











「…もうちょっと…どうにかなりませんかね…?…ミスター…」






と思い

半泣きと半笑いの狭間の住人と化した我々に
店の主人は、いくばくかの憐れみを浮かべた表情で告げる。






「すまない。今、50Bではこれしか無い。」





「…。」







旅の恥はなんとやら。

中途半端なガタピシより
これくらい振り切っていた方が良い。
にしても、30代半ばでこれは、実に恥ずかし。
若干、恥辱に塗れ気味の精神。
意思の力でなんとか乗り切り、ペダルを踏み込む。

ひたすら街中散策。

夕方近く、気になったアンティークショップにイン。
入口付近に落ちていた猫に激萌え。

a0259756_1636010.jpg


a0259756_16342365.jpg


2人してかまう。
店内には、猫アイテム多数。

オーナーが猫好きなのか…

等と思い店内を見ていると。
店の奥に、川べりに通じるようになっていて
そこが、中庭の様なカフェスペース。

さらに、猫、多数生息。

a0259756_16354672.jpg


「なんですか?ここは?」

と、さらに激萌え。

していると。

突然猫達が結集。

次々現れた猫達がぽんぽん重なり合体!

キング猫に!


なんてな事にはならなくて。


店のおねいさん、ご飯を用意。

a0259756_1636385.jpg


猫の晩餐。

a0259756_16371226.jpg


総勢、18匹いるという猫達大集合。

↓水を甕から飲む子
a0259756_16375772.jpg


結局、猫につられ、カフェスペースで茶をすする。

↓人間2匹を釣り上げ、一仕事終えた感の入口猫。
a0259756_16394740.jpg


晩餐を終えた猫達がめいめい
お気に入りの場所でくつろぎだす。

人慣れしていて全く逃げない。

蚊に献血しつつ、久しぶりに猫を愛でる。

夕方、宿に戻り、日本人の方々と話す。

夜、昨晩のおやじの店へ。

久々に丸一日自転車こぎ、疲れ爆睡。


↓手前の犬が後ろの兄さんの本体です。
a0259756_1642181.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-11 03:58 | タイ | Comments(2)

2012/03/29 「チェンマイ着」

7:00頃、チェンマイ、タイペイゲート付近着。

くりくり目当てのVIPゲストハウス目指し、歩く。

も、満室。

「今朝、チェックアウトする部屋があるかもしれない。
 9:30頃まで待ってみる?」

と、いかりや長介似のおばちゃんが言う。

ので、

9:30頃まで待機、している間に
目の前の食堂で朝食。

日本語メニューが置いてあり
ぐるり、「森のカレー」なる一品を注文。

a0259756_0253198.jpg


食堂のおばちゃん

「辛いけど大丈夫か?」

という。

強がって「大丈夫」と伝え
そのファンシーな名前とは裏腹な
極悪な辛さに身悶えしつつ、なんとか完食。

なんてな事をしていたら。

部屋、空き有り。

チェックイン。

バスではほとんど寝れなかったので
少々、爆睡。

夜、ナイトマーケットへ。

ちょらちょら見ながら、目当ての店舗へ行く。

と。

店のおやじ、まだ居ず。

周辺の店舗の従業員が

「もうすぐ来るから待っていて」

なんつって、おやじに電話。

5分後、登場。

おやじと少し話をし、宿へ戻る。

道中、タイガールの客引き現場に遭遇。

ちょっとドキドキする。

この夜、再び爆睡。

↓ドラえもん。タイでも人気者のご様子
a0259756_0252977.jpg

[PR]
by kurikurigururi | 2012-05-06 00:27 | タイ | Comments(0)