2012/07/26 「散策、ブジュンブラ 〜パーマネント日和〜」

起床後、宿の食堂にて朝食。
a0259756_22150577.jpg

お手頃価格のチーズクロワッサンサンドと
オムレツクロワッサンサンド、珈琲、紅茶。

うまし。

なんだか久々の味。
チーズ好きのくりくり、サンドされたチーズの厚さに感涙。
しかも、珈琲、紅茶。
ポットで出され、2杯ちょっとも飲める量。
a0259756_22115570.jpg
翌朝のシオンバスターミナルまでのタクシーを手配。
相場、いまいち解らず。
とりあえず、宿の兄さんの友達が4000で行くと言うので依頼する。

朝食で全財産を失い、町へ。
宿の目の前、フランス大使館。
往来をちょらちょら行く。
今までのアフリカの国と違い、何故か整った印象。
カフェなどもそこここにあり、どこか雰囲気がある。
もちろん、発展途上風の風景は広がっているものの
今までのアフリカの国に比べてどこか品があるような気がする。

銀行で現地通貨ゲット。

マーケットへ。

a0259756_22130500.jpg
↓世界中どこにでもあるコカコーラ
a0259756_22131637.jpg
a0259756_22142194.jpg
a0259756_22235564.jpg
a0259756_22155313.jpg
↓ドラえもんもいろんな国にいるwパチモンだけどw
a0259756_22161615.jpg
a0259756_22163643.jpg
a0259756_22165725.jpg
a0259756_23000380.jpg
a0259756_22171609.jpg
a0259756_22173203.jpg
a0259756_22203088.jpg
a0259756_22205012.jpg

でかし。

巨大な屋根の付いた建物の中に
様々な物品を商う小店舗がひしめきあう。
土産物等は無く、人々の日用品等で埋め尽くされている。
マーケット内を見て歩く。
おおまかな区画ごとに、ジャンル分けされている。
人がしつこくなく、買物もしやすい。
あまり旅行者が来ないからなのか、
旅行者相手にしつこく食い下がる事も無い。
さっくりすっくり買物でき、ゆっくり物が見れる。

ぐるり、Tシャツ×2、
インドでお気に入りを無くしてから
ずっと探していた帽子やっとゲット。

小躍り。

くりくり、町歩き用に肩かけ出来るバッグゲット。

ひとしきり見て回った後。

おそらく、近いと思われるタンガ二—カ湖へ。

バス乗り場付近で行き方を聞く。
1人の男性が、湖行きのバス乗り場まで先導し
一台のバスに乗せてくれ、料金まで教えてくれる。(1人300BFR)

お礼を言ってバス発車。

数分で下車。

徒歩で数分。
↓日本の援助らしい。
a0259756_22584284.jpg

湖着。
a0259756_22195153.jpg



割に残念な感じ。

違う岸から見たら良いのかもしれない。
             ↓湖付近のお土産屋さんの扉。
a0259756_23014312.jpg



潔くリターン。

行きのバスで解った事。

湖ーマーケット完全に徒歩圏内。

ちょらちょら歩く。

15分程でマーケットに戻り、再びちょらつく。

バナナ売りの少年よりバナナ購入。

一本200BFRというので、2本購入。

500で支払う。

お釣りが200戻ってくる。

「少年、間違えてますよぅ。」

なんつって100を少年に返そうとした、その時。

たまたま来たおばちゃんがバナナを一本購入。

で。

一本150である事が判明。

「チョーーーップ!!!」

くりくり叫びつつ、エアチョップ。
みんな笑う。

追加で100のお釣りをもらう。
騙そうとしてお釣り返す時、正規の値段で返してしまう。

むかつくというよりは微笑ましい。
慣れていないのだね。
慣れなくて良いからね、少年、そこは。

バナナうまし。
これはうまし。
昨日みんな買ってる時に買えば良かった。
そしたら食費浮いたのに。
a0259756_22213966.jpg
で、ふと気づいた。

女性の角刈り風パーマ率が異常に高い。

何故、こんなにフィメール・カクガリアンが多いのか?

すれ違う女性すれ違う女性。

軒並み角刈り。

気づいてみると、不思議な光景。
それに気づいたくりくり、もう触ってみたくてたまらなくなり
往来に椅子を出し、腰掛け、茶を喫していたおねいさん2人に声をかける。

「ちょっと...ちょっと....触ってみてもいいですか??」

すると、互いに顔を合わせ「ふふっ」っと笑ったおねいさん。

「いいYOー」

まさかの一発オッケー。

「ふわふわ!ふわふわ!見た感じだと固そうなのにーっ!!」

大感激でお礼を言って、笑いながら手を振ってくれるおねいさん達と別れる。

パーマの余韻に浸りつつ、ちょらちょらしながら宿へ戻る。

道中、行きに気になっていたピザの店にイン。
a0259756_22333155.jpg
a0259756_22335402.jpg
a0259756_22335402.jpg


食してみる。(大8000BFR)

a0259756_22264452.jpg



うまし。

久々。

フランス圏、料理がちゃんとしている。
もちろん、日本で食せるピザとは違うけれども。

宿に戻り、清算。
50$もちゃんと返ってくる。

シャワーなど浴び、夕食。
クロワッサン、オムレツなど。
1つで良かったのに2つ出てきちゃったフルーツサラダ。
a0259756_22261773.jpg
うまかったから良し。

夕方から何やらにぎやかだと思っていたら
今日は結婚式だと言う。

めでたし。

a0259756_22280233.jpg
↓余興スタンバイ。
a0259756_22283290.jpg
a0259756_22284635.jpg

それはそれはめでたし。

祝いの歌が夜空に響く中、部屋に戻る。



親切と角刈り風パーマの町、ブジュンブラ。
結構面白い。


パーマ触らせてくれたおねいさん。
アサンテサーナ!(←スワヒリ語のありがとう)
a0259756_22310490.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ATM手数料 5000BFN
 いくつかの銀行で試したけど、どこも手数料取られた。
 名前忘れちゃったけど、日記中のピザ屋の通りの、往来に面したATM。

※マーケットの辺りからタンガニーカ湖付近までのミニバス。
 1人 300BFN
 普通に歩けた距離。乗らなくてもいけます。

   







[PR]
by kurikurigururi | 2014-01-10 23:15 | ブルンジ
<< 2012/07/27 「ブジュ... 2012/07/25(後編)ブ... >>