2012/08/20 「アンブシチャ最終日、再びアンタナへ」

起床、パッキング。
朝食に宿隣の立ち呑み珈琲屋へ。
気づけば、毎日通っていた。
家族経営でやっていて、出してる物も絶対食べた方がいいよ!
と言えるほどの物ではないかもしれないけれど
宿を出て、ひょいっと何かお腹に入れたり、珈琲1杯飲むのが
なんとなく楽しかった。
a0259756_22054625.jpg
a0259756_22061505.jpg
宿にて清算。

いろいろおんぼろな宿だったけれども、雰囲気の良い宿だった。
ここのオーナー家族も人が良いし。
オーナーの人柄がなんとなく好きだなぁ、等と思う。
音楽聴いていて、これ何ですか?なんつって聞いたら

「マダガスカルの音楽だYO!フラッシュメモリとか持ってたらあげるYO!」

なんつって、くれたしね。

いくつか気になるクラフト品を見直しつつ町を出る。


a0259756_22115687.jpg
a0259756_22105094.jpg
a0259756_22105670.jpg
a0259756_22110120.jpg
a0259756_22111499.jpg
a0259756_22111868.jpg
a0259756_22112643.jpg
a0259756_22115252.jpg
a0259756_22114214.jpg
a0259756_22120546.jpg
a0259756_22120994.jpg
a0259756_22121321.jpg
a0259756_22131670.jpg
a0259756_22121321.jpg
a0259756_22131046.jpg
a0259756_22130229.jpg
a0259756_22112357.jpg
a0259756_22123453.jpg
a0259756_22124133.jpg
アンタナナリボへ戻るタクシーブルース乗り場まで歩く。
(オーナーに聞いた所、宿からプスプスで1000Arだというけれど
 宿近くのプスプスが2000から折れなかった。)

アンタナ行き乗車(1人15000Ar)
すでに我々が載った時点で満席。
すぐに出る。

アンブシチャ、良い町だった。
いつかまた来たい。

最後部座席、ぐんぐんに揺さぶられながら
若干気色悪くなりつつも、約5時間弱でアンタナ着。

乗り場からムーンライトまでタクシー移動(10000Ar)

再びムーンライトにイン。
予約しておいて良かった。
すでに満室だという。

荷物置き、夕飯に出る。

坂下り、ショップライト近辺の適当な食堂にイン。

a0259756_22220724.jpg

うまし。

帰りしな、屋台の肉串につられ
こじんまりした食堂にもひょいっと入り、珈琲等。

階段ちょらちょら登り、宿へ戻る。

ぐるり、腰もだいぶ復活気味。
くりくり、体調少しく回復。

明日から本格的にアンタナ町歩き。


a0259756_22122284.jpg





[PR]
by kurikurigururi | 2014-06-01 22:32 | マダガスカル | Comments(0)
<< 2014/08/21 「アンタ... 2012/08/19 「探訪未... >>